だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない

哀しみのお花見

3月も半ばを過ぎました。

段々春という感じがしてきましたね。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

もう少しするといよいよ桜の季節です。

桜は情緒がありますよね。

桜、咲く。桜、散る。人間は死ぬ。

死の恐怖に震える。

というわけで今日はお花見の話だ。

以前、友人達と花見をしたことがある。

かなり前々から花見をしようということになっており、あれこれ準備をすることになった。

だが、あろうことか私が幹事に任命されたのだ。

私は大変な任務を引き受けてしまったなと思った。

だが、頑張って仕事をこなした。

そして、みんなの予定の会う日を見つけ、私が日時を決定した。

しかし、そこに罠があった。

当てにならない私の予測能力が遺憾なく発揮され、我々一同は枯れ木の下に集まることになったのだ。

当然のことながらあたりは閑散としており、上を向いても桜の影など微塵もない。

周囲にあるのは、まったくもってただの枯れ木である。

友人は濁った目で私に声をかけた。

友人 「なぁ、ぶっだ。俺は思うのだが・・・」

私 「よせ・・・わかっている・・・」

そうして我々は暗い顔で花無き花見を始めた。

道行く人々は訝しげに視線を向ける。

そこには、枯れ木の下で無言で酒を飲む亡霊達の姿があった。

その後、花見の話題が上がることは一度もなかった。