だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない

ソフトクリームと私

子どもの頃、私はソフトクリームをよく食べた。

ソフトクリームは私の大好物で、中でもチョコソフトは大のお気に入りだった。

ところで皆さんはおいしいものを食べる時、どのような戦略で臨むだろうか?

おいしいものを後に残して、ゆっくり食べる人が多いのではないか。

私もそういうタイプの人間だ。

しかし、ゆっくり食べていると、だんだん溶けてコーンの下からこぼれはじめていく。

私はその事実にショックを受けた。

そして、この世界には何か重大な間違いがあると悟ったものだ。

他にも様々な問題を目撃した。

魚を与えるより、魚の釣り方を教えろとよく言われる。

そういう観点からいけば、我々はソフトクリームよりソフトクリーム製造機を押さえなければいけないはずだ。

だが、決して手の届かないソフトクリーム製造機。

ソフトクリームより冷たい社会の現実。

そういったものに私は打ちのめされたものだ。

だが、そんなこの世界の矛盾も、チョコソフトの甘さは優しく癒してくれるのだった。

こうして子供時代の私はソフトクリームに導かれて育った。

だが、こうした関係が崩れるのが中学時代だ。

このぐらいの年齢になると、人々はブラックコーヒーに手を染め始め、

甘いものに対して軽蔑の視線を向けるようになるものだ。

私もそのようなお年頃になった。

そしてチョコソフトに対して、何となくよそよそしい態度を取るようになった。

そしてそのまま大人になり、今ではすっかり甘さ控えめなタフガイになってしまった。

チョコソフトを食べている子どもを見ると、少し懐かしく感じると同時に、思うこともある。

「なぁ坊主、今はチョコソフトを楽しむのも良いだろう。

だが、私のような硬派な大人になるためには、いつかはチョコソフトを卒業しなければならないんだ」

そんなことを思いながら、私はビターで大人なモカソフト、ダブルラージサイズをむしゃむしゃと食べるのだった。

アマーイ。