だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない

帰宅学概論

帰宅学は、近年最も研究が進んでいる分野の一つだ。

日々帰宅に対する様々な思想が生まれ、異なった考えの学派を火刑にかけるなど、活発な議論がなされている。

また、帰宅は健康に良いなどの研究結果も報告されており、小学校での必修化も噂されている。

そこで今日は帰宅学について大まかな概要を紹介していきたい。

 

さて、帰宅と一言で言っても、色んな切り口がありえよう。

例えば、帰宅が始まるのはどの時点か、という議論がある。

通説的な見解だと、勤めている会社ないし通っている学校を出た時から始まる、とされている。

だが一方で、人は生まれた瞬間から死に近づいているように、

家から出た瞬間からすでに帰宅を開始しているという説もある。

私はこちらの方の学説を主張する。

そして学会を追放された。

 

他にも帰宅についての向き合い方は様々だ。

帰宅の実体はどこにあるかとか、帰宅が人体に及ぼす影響、帰宅権利闘争、

帰宅格差問題、帰宅神学論争など、その活動は多岐にわたる。

だが、深入りすると人生を棒に振ることになるだろう。

そこで今回は、帰宅に対する主要な理論を紹介して終わりにしたい。

 

一緒に帰宅することで心が通じ合い、人々の輪が広がる
(帰宅コミュニケーション学派)

 

帰宅は人間を自由にする
(帰宅リベラリズム)

 

家に帰るのは寂しいなぁ
(帰宅感傷主義)

 

帰宅は神によって与えられた当然の権利
(帰宅神授説)

 

帰宅させない奴はあの世に帰宅させる
(帰宅原理主義過激派)

 

帰る家がない
(帰宅虚無主義)