バーガーキング王国物語

今日は友人とバーガーキングに行った。

バーガーキングは素晴らしい。

バーガーキングは、我々のような卑しいバーガー平民にも優しい王様だ。

飢えた市民が押し寄せても、王国は暖かく迎えてくれる。

そして優しく口にバーガーを詰め込んでくれるのだ。

社会保障は完璧である。

治安も良い。

まったくもって非の打ち所がない国だ。

だが、王国を取り巻く情勢は不穏なものだ。

 

北方にそびえるはマクドナルド帝国。

圧倒的な物量を背景に次々と周辺諸国を併合していった大国だ。

そしてこの国にもその侵略の手を伸ばしてきている。

王国最大の脅威だ。

 

西方にはモスバーガー大公国。

規模こそマクドナルド帝国に劣るものの、優れた技術力と工業力でその名を轟かせる強国だ。

近年、レタスでバーガーを包囲するという新戦術を打ち出し、近隣諸国を動揺させている。

決して侮れない相手である。

 

そして南にはロッテリアランド。

これはまぁ、どうでもいいだろう。

 

我々は王国の未来を憂い、その行く末を論じた。

私 「この王国を守りたい。

野蛮な侵略者の手から愛する者を守りたい」

友 「そうか・・・」

私 「沢山敵を倒して手柄を立てるぞ。

そうすればバーガー貴族になれるんだ」

友 「そうか・・・」

私 「そしてゆくゆくは王に・・・」

友 「待て、それは謀反だ。

身の丈に合わぬ権力欲は身を滅ぼすぞ」

私 「うるさい!

革命だ!革命だ!

王の首を切り落とせ!

バーガーキングに俺はなるんだ!」

こうして王国を巡る冒険は今、始まったのだ。