参拝者

 

先日、友人とちょっと大きめの寺に行こう

という話になった。

散歩を楽しむため、寺からそこそこ

離れたところから我々は出発した。

 

さて、まずやるべきことと言ったら、

例によって、はてなブログをすすめることだ。

だが、友人はなかなか興味を示さない。

私は様々な方法で説得を試みた。

私 「君から見た世界を描いて欲しい。

はてなブログというキャンバスに」

友 「詩的に表現してもダメだ」

ダメだった。

 

私 「昼食はどうする?」

友 「おすすめの店がある。

そこへ行こう」

しばらく歩いて、店に到着した。

しかし、店は閉まっている。

友 「ぶっだといるとこういうのばかりだな」

私 「まったく、人生ってやつは・・・」

 

しばらく歩いていると、

電車の車両基地があった。

そして周りにはこんなものが張り巡らされている。


f:id:buddha01:20170516202715j:image

 

私 「あれは一体何だろう?

対空砲かな」

友 「まぁ基地だからな」

近づいたら射殺されそうな雰囲気だったので、

基地からはなるべく離れて行動した。



またしばらく歩いていると

今度は川が見えてきた。

友 「水はいつ見ても良いな」

私 「濁ってるがな」

友 「君はいつも一言多いな」

 

私 「こんなところにいる魚は

早く死んでしまいそうだな」

友 「魚なんて初めから生きながらに

死んでいるようなもんだろ」

私 「魚類への冒涜だ!

謝れ!このブログは魚の方だって見ているんだぞ!」

魚の皆さん、ごめんなさい。

 

途中、ドラッグストアで飲み物やお菓子を購入。

私 「ストレス軽減チョコだって。

これで十分ストレスを減らせそうだ」

友 「俺との会話でそんなにストレスがたまったのか?」

私 「えっ、あ、あの、その」

友 「何なんだ、そのマジっぽい反応は。

やめてくれ・・・」

 

我々はチョコでストレスを減らしながら、

さらに歩き続ける。

私 「映画館に行きたい。

暗くて広いところにいたい。

だが、映画館は映画がうるさくて落ち着けない」

友 「プラネタリウムに行けば?」

私 「星の説明がうっとうしい」

友 「夜空見に行けよ!」

 

友 「この前、飲み会で面白い話をしろと言われた。

なので、ぶっだのブログの記事を使わせてもらった」

私 「どうだった?」

友 「沈黙が支配してつらかった」

私 「すまんな、力になれなくて・・・」

友 「いや・・・」

私はチョコを食べてストレスを軽減した。

 

そうこうしている内に、

ようやく念願のお寺に到着した。

さぁ、いよいよ参拝だ。

だが、入口に来てみると、

すでに閉館していた。

友 「またか・・・」

私 「チョコ、食べるか?」

友 「ああ・・・」

しかし我々のストレスは、

ストレス軽減チョコによっても

癒されることはなかった。