だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない 毎日21時更新予定

仕事に役立つ!PDCAサイクルの回し方

はてなブロガーに仕事のできる人は多い。

今このブログを見ている人も大半は、

右手ではTOEIC試験を解き、

左手では先物取引を行いながら、

足でキーボードを叩いて

ビジネスメールを書いていることだと思う。

 

そんなビジネスパーソンにとって、

やはりPDCAサイクルは気になるところ。

そこで今日は例によって空想に基づき

PDCAサイクルを紹介していこうと思う。

 

さて、PDCAサイクルとは、

Postpone (後回しにする)やDelay (遅らせる)

といった素敵な単語の頭文字を組み合わせた

夢の造語だ。

このサイクルをソシャゲガチャ廃人のように

ぐるんぐるん回すことによって、

調和の取れた仕事が可能となるという。

 

それでは一つ一つ見ていこう。

まずは最初のP。

Postpone (後回しにする)

これは先ほど見たとおり。

人生は長いんだ。

急いで仕事なんかしてはいけない。

まずは後回しにして、

仕事とゆっくり向き合おう。

時間をかけてこそ

良いアイデアも生まれるというものだ。

 

次にD。

Delay (遅らせる)

一度後回しにしてダメなら、

もう一押ししてみよう。

押してダメならもっと押せ。

そんなことわざがあったはずだ。

大丈夫、人生は長いんだ。

二回ぐらい仕事を遅らせた程度では

びくともしない。

 

3つ目のC。

Cancel (キャンセルする)

我々はよくNoと言えない日本人と、

外国人から揶揄される。

それはつまり、世界の人々は

Noと言っているということだ。

我々もNoと言っていこう。

グローバル化の進んだ今だからこそ

グローバルスタンダードに合わせていくべきだ。

というわけで無理な仕事は

どんどんキャンセルだ。

 

だが、それら全ての要求が

受け入れられないことがある。

そんな時どうするか?

最後のAだ。

Assault (強襲する)

PDCの条件が飲めない相手は

もはやビジネス相手ではない。

敵だ。

Aするしかない。

幸い、現代はテクノロジーの進歩によって

様々なAが可能となっている。

便利な時代になったものだ。

SWATや米海兵隊の動画なんかを見て

学ぶのも良いだろう。

だが、私のオススメは海外ドラマ「24」だ。

 

対テロ捜査官 ジャック・バウアー

悪いヒューマンの懲らしめ方を教えてくれる。

 

それだけではない。

皆さんも、仕事中にテロリストやゲリラの襲撃を

受けたことは一度や二度ではないだろう。

そんな時の対処法も

ジャック・バウアーが教えてくれる。

ジャック・バウアーは何でも知っているんだ。

ついでに英語も学習できて一石三鳥。

ビジネスパーソン必見のビデオというわけだ。

 

余談だがPTAのAもこれだ。

親と教師達が束になって

気に入らない生徒や

暴力的ゲームに襲いかかるのを、

みんなも一度は目にしたことがあるはずだ。

こちらは仕事の役には立たないので

無視してもらっていい。

 

どうだろう、参考になっただろうか?

まぁ、わからないことがあったら

何でも聞いて欲しい。

そこらへんのビジネス本を

無作為に選んでお教えしよう。

さぁ、PDCAサイクル

ぐるんぐるん回していこう。