だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない

人間カフェに行ってきた!

先日、友人と会った折りに、

人間カフェに行ってきた。

人間カフェとは、

猫カフェやフクロウカフェに

猫やフクロウがいるように、

人間がいるカフェのこと。

まぁ、要するに普通のカフェだ。

今日はそのことについて書こう。

 

我々は近くのカフェに入った。

友 「ぶっだはコーヒーは好きか?」

私 「コーヒーかぁ・・・

胃液よりは好きだよ!」

友 「嫌いって言えよ」

 

私はカフェラテを、

友人はコーヒーを注文した。

そして我々は

「カフェとは一体何か」

ということについて、議論した。

カフェをカフェたらしめている物・・・

それは間違いなくカフェだ。

カレー屋のアイデンティティを規定するものが

カレーであるように、

カフェもやはりカフェがアイデンティティなのだ。

私 「ところで、カレー屋の純度を高めていくと、

カレーしか置いてないカレー屋になると思う」

友 「そうなるな」

私 「ならばカフェのイデアとは、

カフェしか置いてない店になるはずだ。

でもカフェって一体何だろう」

友 「まずはカフェラテやカフェオレだろう。

あとはカフェの語源は珈琲なんじゃないか。

だから純粋なカフェは、カフェラテとカフェオレと

珈琲しか置いてないんだろう」

私 「じゃあそれ以外の物を置いてるカフェは

不純物が入り混じった不完全なものにすぎない」

友 「全くだな。

カフェでメロンソーダなんて異物が

売られているのは、本当に不自然だ。」

私 「なんだと!

メロンソーダを否定することは

誰にも許されない」

メロンソーダの素晴らしさについては

日を改めて述べよう。

 

あと良いカフェに欠かせないのが

マスターの存在だ。

マスターのいない無人カフェは不気味だ。

やはりカフェにはマスターが欲しい。

あと、マスターには

慎み深さと礼節が求められる。

もしマスターがノリノリで

ヒップホップなんかを口ずさみながら

パンナコッタを出してきたら、

興ざめもいいところだ。

マスターには大人の落ち着きが

必要なのだ。

 

さて、人間カフェという以上、

人間を見てみるのがいいと思う。

我々は人間をちらりと見た。

 

窓際の席にはカップルがいた。

ニコニコと楽しそうに話し合っている。

恐らく別れ話だろう。

 

テーブル席にはOLがいる。

きっと魔法少女だ。

夜は世界を守るために邪悪な魔物達と戦い、

昼は生活を守るために邪悪な同僚達と戦っているに違いない。

 

私 「ところでOLって何の略だろう?」

友 「オーバーブースト・レディ」

私 「すごく強そう」

 

ところで、気になるのが

隅の席にいたおじさんだ。

精魂尽き果てたその姿に

我々は感動した。

彼は間違いなく

さっき世界を救ってきた勇者だ。

彼は仲間達との冒険の果てに、

魔王との決戦へと臨んだ。

勇者一行は辛くも勝利したが、

同時にそれは大きな傷を残した。

他の仲間達は全て力尽き、

勇者自身も力を出し切った反動で

一気に老け込んでしまった。

そしてこんなおじさんになってしまったのだ。

彼はいまだそのショックから

立ち直れないのだろう。

我々は彼の犠牲的献身に

深く感謝した。

今我々が平和を享受できるのは

彼のおかげなのだ。

今はゆっくり休んでほしい。

 

そんなわけで、

我々は人間カフェでカフェの真髄を、

そして人間の生の輝きを学んだ。

人を知りたかったら

人間カフェに行くといいと思う。

きっと人間の全てを

知ることができるはずだ。