だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

以前友人と寺へ赴いた時、

我々は参拝することに失敗した。

確かそんな記事を書いたことがある。

今回はそのリベンジだ。

友人のH氏と共に寺に行ってきた。

 

まず、寺社を訪れるに当たって

大切なのは慎み深さだと思う。

我々は落ち着いた態度で臨むことにした。

私 「ヒャア、参拝だ!」

H 「イェア!」

 

寺に着いてみると、

以前とは違って今日は開いていた。

これにはおのずとテンションも高まる。

私 「ヒアウィゴー!」

H 「ジョイナス!」

 

最初に我々を出迎えたのは

重要文化財の建築だ。

H 「重要文化財だって」

私 「私はこれを超える。

そしてなるんだ、人間国宝に」

H 「ハハハ」

私 「なんて空疎な笑いなんだろう」

 

寺はなかなか壮観だった。

でも写真を一枚も撮ってなかったので

多分興味がなかったんだと思う。

各自好きなお寺を想像して

脳内で補完してほしい。

我々は境内をうろうろ歩き続けた。

 

次に視界に見えてきたのは

何かの彫像だった。

H 「あれは一体何の像だろう?」

私 「きっと金をばらまく成金だろう」

我々は近寄って確かめた。

H 「鳩に餌をやる徳の高いお坊さんだって」

私 「惜しいな」

 

また、歩いていると、

お地蔵様が破壊されているのを発見した。

私 「あ、これやった人、

ホラー映画で最初に死ぬやつだ」

H 「きっともう死んでるな」

 

境内にはおみくじもあったので

これも引いてみた。

私 「大吉だった」

友 「珍しいな」

私 「さわぐなって書いてある」

友 「やはりぶっだだな」

 

ところで、とても興味深かったのは、

説法の看板だ。

なんでも、21世紀のお釈迦様とかいう

タイトルになっていた。

H 「一体どんな感じなんだろうな」

私 「多分最新式のVRが

使われているんだと思う。

VRヘッドセットを装着してみると、

目の前には薄暗い通路が伸びている。

そしてその通路を歩いていくと

扉が現れるんだ。

そして、勇気を振り絞って扉を

開けようした瞬間、

後ろを振り返るとお釈迦様の姿が!」

H 「バイオハザードじゃねぇか!」

 

他にも気になる看板を見つけた。

私 「お坊さんによる人生相談だって」

H 「救ってもらうか」

我々はすがるような気持ちで

会場の門を叩いた。

私 「閉まってた」

H 「やはりダメか・・・」

今回の参拝もダメだった。