だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない

バスの楽しみ方

私はよく気が向いた時に

バスに乗って楽しんでいる。

今日はバスの楽しみ方について

書いてみよう。

 

何はともあれまずは

バスターミナルに行って欲しい。

ターミナルはいくつも違った路線の

バスが出ている所がいいだろう。

バスは行き先を見ずに

適当に乗ってみるのが良い。

そうすれば

「ああ、一体私はどこへ

連れて行かれてしまうんだろう・・・」

というまるで奴隷商人に売り払われる

奴隷のようなワクワクドキドキ感が

味わえるはずだ。

 

バスの中では色んなことができる。

こう、バスの振動を感じるとか、

クーラーで遊ぶとか。

まぁPS4よりも楽しいと思う。

グラフィックは無限×無限で綺麗だし、

音響はもちろんサラウンド。

さらに映像は3Dだし、

視覚と聴覚だけでなく五感を

フルに使えるシステムも備わっている。

PS4より優れていることは明白だ。

 

窓の外の光景を見ながら、

故郷を懐かしく思う奴隷のような

気分に浸って欲しい。

 

ところで、最近は燃料電池

動くバスも存在する。

乗ってみると本当に静かで素晴らしい。

騒がしい女子高生とかも

燃料電池で動けばいいのに。

 

また、普通のバス以外に夜行バスというのもある。

こちらは種類も充実している。

 

まずは三列バス。

広々とした座席で移動できる優れもの。

ちょっと待遇の良い古代ギリシャ

知識人奴隷みたいな気分に浸れるだろう。

古代ローマ人は、教養あるギリシャ人を奴隷とし、

教育係に使ったそうだ。

大体そんな感じ。

 

続いて二列バス。

なんとバスなのに個室が備わっているのもある。

 
f:id:buddha01:20170624223313j:image

 

まるで独房に閉じ込められた囚人のような

リッチな気分が味わえるだろう。

 

ちなみに四列バスはかなり窮屈だ。

きっと十列バスなんかは

ずっと立ったままで運ばれるのだろう。

まるで収容所に送られる捕虜みたいな

惨めな気分になると思う。

これはあまりおすすめできない。



さて、話を普通のバスに戻そう。

一度乗ったバスは終点まで乗ってみること。

そして終点まで行ったら、

また行き先を確認せずに

次のバスへ乗ってみよう。

奴隷というものは次々と転売されるものだ。

そしてその行き先は誰にもわからない。

 

だがしかし、時に終点まで行かずに

途中で降りてみるのもいいだろう。

きっと途中で廃棄される

奴隷の気分が味わえるはずだ。

 

バスって本当に楽しいんだろうか?

なんだか書いていたら

よくわからなくなってしまった。

誰かバスの楽しみ方を教えて欲しい。