織姫と彦星の物語

 f:id:buddha01:20170707213617j:image

 

七夕ですね。

七夕といえば、やはり織姫と彦星だと思う。

ところで皆さんはご存知だろうか?

織姫と彦星を巡る物語を。

たしかこんな話だ。

昔、あるところに織姫と彦星という男女がいた。

リア充カップルだった織姫と彦星は、

独身だった神を煽り倒し、

神は激怒、二人を引き離し、

その間に川まで流すといった

嫌がらせを開始する。

たしかそんな話だった気がする。

だが、神の怒りはそれでも収まらず、

川に星の数の船を浮かべ、それに火を放ち、

赤壁の戦いめいた地獄絵図が生まれ、

織姫と彦星は焦土と化す。

天の川は、そんな怒りと孤独の光によって

照らされているのだ。

節度ある交際の大切さ、

人を嘲ることの危険性、

人が争うことの虚しさ、

そんな現代に対する教訓をはらんでいる。

 

ところで、七夕というと

欠かせないアイテムがいくつかある。

そう、笹と短冊だ。

まず、笹についてだが、

やはり笹といえば、

なんといってもパンダだろう。

笹はパンダに関係があるものに違いない。

そして短冊は・・・何だろう?

ここから先は各自、

自分で考えて欲しい(書くのが面倒になった)