だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

そこまでやるのか

 

先日、ジャコメッティ展に行った後、

近くでやっていた

『そこまでやるか 壮大なプロジェクト展』

に行ってきた。

これはその名の通り、

巨大建築プロジェクトについて

様々な紹介がなされている展覧会だ。

さすが壮大なプロジェクト展と

銘打っているだけあって、

会場もそこまでやるか?と思うほどの

壮大なダンジョンとなっていた。


f:id:buddha01:20170710212057j:image

 入り口

 


f:id:buddha01:20170710212110j:image

 

ちなみにこの橋を渡ると

橋が崩れて戻れなくなる。

覚悟して臨んでほしい。

 

さて、それではダンジョンについての紹介だが、

ここにはいくつかのステージがある。

そしてそこにはそれぞれボスが待ち受けている。

 
f:id:buddha01:20170710212127j:image
湖ステージのボス

 

 

 
f:id:buddha01:20170710212140j:image

高出力のレーザーに注意

 

 


f:id:buddha01:20170710212151j:image

 遠くにそびえる四天王の塔

 

 
f:id:buddha01:20170710212208j:image

 
f:id:buddha01:20170710212221j:image

教会ステージ

幅1.35メートル×高さ45メートルの教会だ。

多分ジャコメッティ向けの教会だろう。


f:id:buddha01:20170710212303j:image

 

 

他にも様々なステージがあるが、

ここで全て紹介してしまうのは

野暮と言うものだろう。

レベルを上げて、是非自分の目で確かめてみてほしい。

ただ、1つ要注意ポイントについて

話しておこうと思う。

 

ダンジョンの中層までたどり着いた時、

こんな不気味なものがあった。

 
f:id:buddha01:20170710212321j:image

きっと近づいたら確実に食われる。

私は近寄らないように慎重に進んだ。

 

・・・

 

 
f:id:buddha01:20170710212335j:image

あれ?ここは一体・・・

いつの間に食われていたようだ。

私としたことが・・・

 

あたりを見渡すと、

同じく飲み込まれた冒険者がいた。

その人は考えるのを放棄したのか、

記念写真を撮ってくれと頼んできた。

のんきなものだ。

私はカメラを渡されて写真を撮ったり、

一緒に記念写真を撮るなどした。

もしこのカメラだけ発見されたら、

きっとこの写真が私の遺影となるだろう。

 

 

謎のクリーチャーの体内は

本当に入り組んでいた。


f:id:buddha01:20170710212415j:image

 
f:id:buddha01:20170710212354j:image

 

途中、溶かされた冒険者の骸が

そこかしこにあったが、

あまりにも無惨だったので

撮影は控えた。

 

私は途方に暮れながら、

この中を何日もさまよった。

食糧も尽き、もはやこれまでかと思われた。

しかし、その時、私はピノキオがクジラから

脱出した時のことを思い出した。

私もその方法を使い、

なんとか抜け出すことができた。

私が今生きてこのブログを書けているのも、

すべてピノキオとディズニーのおかげといっても

過言ではないだろう。

 

皆さんもこのダンジョンへ挑戦する時は、

ピノキオを観るのを忘れずに。

私が言えることはそれだけだ。