だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

幸福を求めて

先日、久々に友人のH氏と会った。

我々は幸福を求めて、

おいしいご飯を食べに行くことにした。

私 「近くにおいしいラーメン屋がある」

H 「それは楽しみだ。行ってみよう」

我々はうきうきしながら、

ラーメン屋へと向かった。

着いてみると今日は定休日だった。

H 「閉まってるぞ」

私 「まぁ、こんな日もあるさ」

 

我々は次の店を探すことにした。

私 「そうだ、もう一つ良いラーメン屋がある」

H 「ではそこに行こう」

我々はうきうきしながら、

ラーメン屋へと向かった。

 

・・・

 

着いた。

臨時休業。

H 「またか・・・」

私 「今日はラーメンを食べるなってことだろう」

 

私 「気分を切り替えてネパール料理屋なんてどうか?」

H 「良いね、行ってみよう」

我々はうきうきしながら、

ネパール料理屋へと向かった。

 

・・・

 

ネパール料理屋に着いた。

休み。

H 「ぶっだといるとこんなんばっかだよ!」

私 「・・・(目をそらす)」

 

飢餓に苦しむ友人は、

途中でフランスパンを購入した。

おそらく護身用も兼ねているのだろう。

最近この辺も物騒になってきたしなぁ。

我々はフランスパンを

ブンブン振り回しながら歩き始めた。

 

放浪中はずっとくだらない雑談をしていた。

友人の最近の悩みは、どうやら車の運転が

苦手だということだそうだ。

なので私は事故車のドライブレコーダー集を見せた。

すると彼はどうやら人類に対して

癒しがたい不信感を抱いたようだ。

H 「これじゃあ運転なんてできないよ!」

本当に気の毒なことだなぁ。

私は一刻も早く問題が解決することを

心から祈った。

 

その後、私は良いことを思いつく。

それはケバブ屋へ行くということだ。

幸福とケバブは同義語である。

幸福とケバブの関係については以前書いた。

 

www.buddha01.ooo

 

ケバブ屋へ行けば幸福が得られる。

私はおすすめのケバブ屋を紹介した。

H 「お、ちょうど俺が生まれた病院のそばだ!

偶然だな」

私 「いや、偶然ではない。

彼らは君が生まれるのを待っていたんだ。

今だって君のことを待ち続けている」

H 「すげぇ行きたくなくなったんだが」

私は友人をケバブ屋へと連行した。

 

さて、我々はケバブ屋へ入った。

店員のトルコ人は、さすが友人が

生まれる前から準備していただけあって、

大歓迎してくれた。

トルコ人メガ盛りメガ盛りにするね!」

そして到着したケバブは、

確かに凄まじい量だ。

我々はかつてのオスマン帝国の繁栄を感じた。

オスマン帝国はまだ終わっていない!

トルコはまだ偉大な国なんだ!

我々は歓喜しながらケバブを食べ始めた。

 

数分後

 

いくら食べてもケバブはいっこうに減らない。

我々の顔色はみるみるうちに曇っていった。

まるで第一次ウィーン包囲でオスマン帝国

圧迫されるオーストリア人みたいな気分だ・・・

幸福は我々の手のひらから

ぼろぼろとこぼれていった。

行き過ぎた幸福は不幸へと転化する。

これが今日の教訓だ。