だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

様々なメロンパン

f:id:buddha01:20170720214140j:image

今日はお昼に食用メロンパンを食した。

そのことをSNSでつぶやくと、

「では、食用以外のメロンパンはあるのか?」

という声が寄せられた。

もちろんある。

そしてこの世界は様々なメロンパンで

満ちあふれている。

今日はそんなメロンパン達の種類を

紹介していきたい。

 

まずは食用メロンパン。

これは説明はいらないだろう。

我々が普段口にする

一番オーソドックスなメロンパンだ。

 

続いて愛玩用メロンパン。

近年、メロンパンはペットとしての

需要が高まっている。

メロンパンの愛くるしい仕草は

多くの人々を魅了した。

その上、安価で、飼育も簡単。

もし飼えなくなっても、

そのまま食べればいい。

生態系への影響も少なく、

犬や猫に次ぐ人気を集めている。

 

工業用メロンパン。

メロンパンは工業にも利用可能だ。

原油を精製する過程で

多くのメロンパンが生まれる。

そしてそのメロンパンを溶かして成形し、

様々な製品へと加工されるというわけだ。

我々が普段座っている椅子や机、

プラスチック製品などは、

メロンパンでできている。

 

医療用メロンパン。

医療とメロンパンの関係は深い。

メロンパンは人の怪我を癒す力がある。

よく救命救急士が意識不明に陥った人の口に、

必死にメロンパンを詰め込んでいる姿を、

みんなも一度は目にしたことがあるだろう。

涙をさそう光景だ。

 

また、外傷だけでなく、

精神にもプラスの影響があることが確認されている。

カウンセラーがよくメロンパンを

持っているのは、そのためだ。

 

最近ではメロンパンを用いた

安楽死も検討されている。

痛みを伴わずに死ぬことができる薬剤を

メロンパンに入れ、それを食べさせる。

そうすれば幸福の中で

この世を去ることができるという寸法だ。

これは賛否が分かれている。

 

そして最後に軍用メロンパンだ。

人間はどんなものでも戦争に使う。

戦場では今も様々なメロンパン兵器が

飛び交っている。

敵兵の口めがけて発射され、

喉に詰まらせて絶命させるミサイルメロンパン。

自己修復、増殖機能を付与したバイオメロンパン。

他にも大陸間弾道メロンパン、

地対空メロンパンなどがある。

そして最後には人類は、

メロンパン内部で核分裂反応を起こし、

大爆発を起こす核メロンパンまで生み出した。

メロンパンの闇の側面である。

 

このようにメロンパンの内部には、

人類の叡智、希望、そして野蛮性が詰まっているのだ。

 

皆さんはどのメロンパンが一番好きだろうか?

私はチョココロネが一番好きです。