だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

徘会

徘会とは、時々友人と開催する

徘徊の会の略称のこと。

文字通り町を徘徊するだけの雅な催しだ。

我々は適当な駅で待ち合わせ、

適当な駅で降り、適当に歩き始めた。

 

今日も湿度と気温が高い嫌な日だ。

友人のO氏は暑さについてぼやいていた。

O 「クソ暑い。暑すぎる」

私 「心頭滅却すれば火もまた涼しだ」

O 「どうやって心頭滅却するんだ?」

私 「そこ走ってる車に軽く頭をぶつけてみるとか」

O 「涼しくなりそうだな」

おすすめだよ。

 

結局、心頭は滅却できなかったので、

暑さに苦しみながら徘徊することになった。

しばらく行くと、おもちゃ屋がいくつか見えてくる。

我々はまだ小学生なので、

それらに出会う度に入っていった。

O 「あ、カタンだ!(そういう名前のボードゲーム)」

俺は友達が少ないからやったことがない。

今度一緒にやろう」

私 「うーん、ちょっとなぁ・・・」

O 「誰か俺と友達になってくれ!」

 

また、歩き続けていると、

いくつもの駅を通り過ぎることとなる。

その内の1つの駅の前で、

活動家が「人権を守れー!」と叫んでいた。

私 「人権ってどうやって守るんだろう?」

O 「ブラック企業を爆破する」

私 「物騒だな」

O 「何を言っている。

ツァーリに爆弾を投げつけるぐらいでなければ、

立派なインテリゲンツィアになれないぞ」

私 「ならないよ・・・」

 

その後も散策を続けたが、

マイナーな場所だったので、

特筆すべきものはなかった。

だが、途中でヘリコプターが空を飛んでいた。

私 「あ、チヌークだ!」

O 「なんだそれは?」

私 「あのローターが2つあるヘリコプターのこと。

私もあれになりたい」

O 「ローターが2つ足りないな」

私 「あとちょっとだ」

 

そうこうしている内に、

一行は迷走を始めた。

いよいよもって何もないところに

来てしまったようだ。

O 「で、これどこ向かってんだ?」

私 「わからない。

でも、わからないと感じている私は

確かにここに存在している」

O 「何デカルトみてーなこと言ってんだよ!

哲学すんな!現実をみろ!」

私 「はい」

現実は見えませんでした。