だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

世界報道写真展について

昨日は世界報道写真展に行ってきた。

報道写真展とはその名の通り、

世界中のジャーナリスト達が

命がけで撮ってきた写真達の展覧会だ。

 

ところで、私はこのブログでは

常に真実を追求してきた。

そして、いつも客観的な事実のみを

描写することに気を払っている。

もはやジャーナリストと言っても

過言ではないだろう。

同じジャーナリストとして

是非ともこれは見ておかねばならない。

そしてそこで見た真実を

みんなに伝えよう。

私は使命感を胸に会場へ向かった。

 

さて、私は会場へと到着した。

そして早速報道写真展の様子を

記録しようと試みた。

だが、なんと内部の写真撮影は

禁止されていたのだ!

これではみんなに真実を伝えることができない。

この瞬間、ジャーナリストとしての私は

心が折れた。

もうそろそろ引退の時期なのかもしれないな・・・

こうして私の数時間にも及ぶ

長いジャーナリスト人生も幕を閉じた。

ピューリッツァー賞を取れなかった

ことだけが唯一の心残りだ。