だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

ッターン!

(昨日の記事の件だが、私はユーチューブやってません)

 

さて、上野でやっているターン展というのに

友人のF氏と行ってきた。

ターン展というのは、

その名の通り、ッターンしている展覧会だ。

我々はッターンしながら入場した。

 

会場には様々なものがあった。

まずは文章を3倍速で流す謎のスピーカーだ。

キャプションには、

こうすることで本が速く

読めるようになりました、

と書いてあった。

怪しげな情報教材みたいだ。

ちなみに会場内はこの早口で

まくしたてる機械の音が、

ずっと鳴り響いている。

あたりは異様な雰囲気だった。

いまいち方向性が掴めない展覧会だ。

 

その後、今度はこちらが話す言葉を

聞き取って、文字化してくれる機械があった。

F 「試しにやってみよう」

私 「,wl@tm,-h_.pddbj-ogtarg.」

F 「何それ・・・」

 

機械も人も私の言葉を聞き取ってはくれなかった。

コミュニケーションの限界を感じる。

 

続いてはサーモグラフィーカメラだ。

こちらの温度を読み取って、

熱い場所ほど赤く表示されるやつである。

これも友人と共に映してもらった。

F 「ぶっだ、真っ白なんだけど・・・」

私 「私には温度は無いのか」

F 「あ、少し赤くなった。

いや、君が持ってるパンフレットだけだな・・・」

私 「パンフレットより冷めた人間なんだなぁ」

 

ちなみに友人も、着ているシャツの

キャラクターの方が圧倒的に温度が高い様子。

クールガイ2人は次のコーナーへ向かった。

 

今度は普通のアートのコーナーだ。

 

f:id:buddha01:20170820225321j:image

 ねこさん!   

 

 

f:id:buddha01:20170820225333j:image
ドラえもん

 


f:id:buddha01:20170820225346j:image

 ねぎさん!

 

 
f:id:buddha01:20170820225354j:image

???

 

うん、どう見ても普通のアートのコーナーだ。

 

ところで、会場内には、

チャラリラリン♪という効果音と共に、

かぶつぶつ喋りながら動画で

自撮りしている人がいた。

F 「何あれ?」

私 「YouTuberじゃないか」

F 「ッターンしているな」

私 「ああ、ッターンしたい。銃で」

 

お次のコーナーは、

来場者に行きたい場所を聞き、

その方角を指し示すコーナーだった。

やっぱりよくわからない展覧会だ。

そうこうしている内に順番がまわってきた。

係員 「行きたい所はどこですか?」

私 「網走刑務所」

係員 「ブフッ!」

盛大に吹かれた。

 

そのコーナーにしばらくいると、

何やら異様な気配を感じた。

会場が徐々に暗くなり、

よくわからないBGMが流れ始める。

そして突然、体中にアロンアルファを塗って、

ピンクの毛糸に突っ込ませたような、

どピンクの衣装の変質者が乱入してきた。

そしてそいつはいきなり踊り始める始末。

こいつはヤバい空気だ・・・。

呆然とそれを眺めていると、

係員が一緒に踊るよう促してきた。

しまった、ゲスト参加型だ!

F 「生命の危険を感じる!」

私 「逃げろ!」

我々は速やかにッターンして、

会場を立ち去った。