ピーマンの肉詰めの飼育法

ピーマンの肉詰めは、

日本で最もポピュラーなペットの1つだ。

実際に子どもからシニアまで、

幅広い層がこれらの飼育を楽しんでいる。

きっとこの記事を読んでいる人の中にも、

飼育を検討している人がたくさんいるだろう。

そこで今日はピーマンの肉詰めの

飼育法について考えていきたい。

 

まず、ピーマンの肉詰めの入手法だが、

これは近所のペットショップに行けば、

容易に購入できると思う。

だが、問題は近くにショップが無かった場合だ。

そんな時は八百屋と肉屋で、

ピーマンと挽き肉をそれぞれ購入し、

自分で交配させるのも手だろう。

八百屋や肉屋にいるブリーダーに聞けば、

その辺りの方法は教えてくれるはずだ。

 

以上の方法であなたは

新たな仲間をお迎えした。

幸せな新生活のスタートだ。

それでは肝心の飼育法を見ていこう。

 

これは意外と簡単だ。

他の多くのペットと同じく

輪切りにして火にかければ良い。

ピーマンの肉詰めの餌は、

熱エネルギーだ。

火力は強ければ強いほど良い。

彼らは火にあぶられながら

すくすくと育つことだろう。

あとはペットが育つ様を見守り、

時々シンクへ散歩に連れ出したりしながら、

幸福な時間を過ごそう。

 

だが、幸せな時間はあっという間だ。

そしてピーマンの肉詰めは

とても寿命が短い。

残念だが、どんなペットとも

いずれ別れの日が訪れる。

我々は涙を堪えながら、

彼らにお別れを言わねばならないだろう。

 

葬儀の方法は、

鳥葬ならぬ人葬に付すのが良いと思う。

これまでの感謝と共に

一口で頬張ろう。

そうすることでピーマンの肉詰めは

あなたと一体化し、

彼らは我々の中で永遠に生き続けるのだ。

 

ところで、最近は末法の世なので、

マナーのなっていない飼い主も

残念ながら存在する。

一度飼い始めたピーマンの肉詰めを

飽きたからといってその辺に放すのは、

言語道断だ。

そんなことをしたら周辺の生態系が

破壊されてしまうだろう。

それに近年では野生化した

ピーマンの肉詰めが、

人間を襲うという事件も多発している。

痛ましい事件だ。

こうした悲劇を起こしてはならない。

 

こんなところだろうか。

以上のような事を心のどこかに

とどめておいて欲しい。

生き物を飼う時は、

最後まで責任を持って育てよう。

それさえ守れば、

ピーマンの肉詰めはきっと我々に

笑顔と幸福をもたらしてくれるだろう。