友人の死と向き合う

先日、私の親しい友人が、
医者から余命を宣告された。
それを知ったのはつい最近のことだ。
もう決して助からないらしい。
今でも信じられない。
自分の気持ちを整理するために、
彼との思い出を書いていこうと思う。

彼とは本当に長いつきあいだ。
我々は幼い頃から親しかった。
その友人は夏が来る度にこちらに帰省し、
夏休みの間はいつも遊んでいた。
一緒に虫取りに行ったり、
海水浴や縁日にもよく行ったものだ。
しかし、夏が終わるとすぐ帰ってしまうので、
毎年別れがつらかったのをよく覚えている。

我々は共に遊び、共に学んだ。
勉強に精を出すようになってからも
お互い励まし合い、研鑽を重ねた。  
そして時が過ぎ、大きくなってからも
必ず毎年のように会ったものだ。

細かな思い出を挙げるとキリがない。
そしてそれらの出来事や、
その時の気持ちを言葉にすることなんて
とうてい出来ないことに今気づいた。

彼にはいくら感謝してもし足りない。
しかし、私が彼に対して
できることなんて何もないのだ。
ただ願わくば、彼が出来るだけ苦しまず、
安らかに眠れることを祈るばかりだ。

ちなみに友人の名前は8月っていいます。
今日死にます。
アッ、もう死ぬ!
サヨナラ!