だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

シンポジウムについて考える

先日、友人と会った際、

シンポジウムについての話になった。

友 「今度シンポジウムを

開くことになったのだが、

ちょっと一緒に考えて欲しい」

私 「いいよー」

そして我々は、共にシンポジウムについて

真剣に考えることとなった。

 

友 「シンポジウムとはいっても

今回は研究者だけではなく、

一般の方にも広く呼びかけたい。

だが、敷居を低くするためには、

一体どういった感じにすればいいだろう?」

私 「パジャマパーティー!」

友 「真面目にやれ」

私 「はい」

 

友 「いや、そもそも理想的なシンポジウムとは、

一体どのようなものだろうか?」

私 「シンポジウムの語源は、

シンポシオンというそうだ」

友 「ほほう」

私 「そしてそれは古代ギリシャにおいて、

飲み会のことを指していたようだよ」

友 「・・・つまり?」

私 「酒だ!酒を出せ!

酒を出さないなら

真のシンポジウムとは言えない」

友 「真面目にやれっつってんだろ!(バンバン)」

私 「はい」

 

友 「あと、人をたくさん呼ぶには

どうすればいいだろう?」

私 「人体錬成」

友 「どうやら俺は聞くべき人間を間違えたようだ」

私 「なんだ、今さら気づいたのか」

友 「ガッデム!」

私 「まぁそんなカリカリしなさんな、そこの若いの。

ほら、このお酒でも飲みなされ」

 

そんなわけで、その日は学術的に

とても有意義なシンポジウムとなった。