だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

さらに深くシンポジウムについて考える

前回、友人のシンポジウムの相談に

乗ったことを書いた。

www.buddha01.ooo
すると後日、そのことを友人から深く感謝された。

 

友 「ぶっだ、ありがとう。

お前のおかげで先生から

クソみたいにダメ出しを食らったよ」

私 「それは良かった。

私も友人の力になれて嬉しいよ」

友 「・・・で、だ」

私 「これから先生の闇討ちに行くんだろう?

つき合うよー」

友 「そうしたいのはやまやまだが、

そろそろ首が締まってきた。

真面目に考えねばな」

 

友 「それにしてもクソッ!

俺の作った企画を

あんなボロクソに言いやがって。

一体何様のつもりなんだ」

私 「君こそ一体どんな高貴な生まれなのだ・・・」

 

友 「人を呼びてぇー!

人をシンポジウムで

ブラックホールのように吸い込みてぇー!」

私 「そうだ!マスコットキャラを決めよう!

こんなのどう?」


f:id:buddha01:20170905230439j:image

友 「カ゛ワ゛イ゛イ゛!」

 

友 「もうだめだ!おしまいだ!」

私 「諦めるのはまだ早い。

シンポジウムは、やはり

助け合いの精神が大切だと思う。

シンポジウムのウという字を見て欲しい。

人と人とが支え合っているじゃないか」

友 「どう見ても片方が片方を

踏み台にしてるじゃねーか!」

私 「まぁまぁ、そんなに

カリカリしなさんな、少年よ。

この酒でも飲みなされ」

 

そういうわけで、今回も学術的に

とても実りあるシンポジウムだった。