戦場の掟

今日は小学校時代の友人と遊んだ。

我々は久々に友達の家でゲームをするという

小学生めいたことをした。

 

まずはそこらへんでゲームを買い、

そしてプレイを開始。

今日選んだゲームは、

FPSというジャンルのゲームだ。

FPS とは、銃でドカン!バーン!するゲームのことである。

 

ところで、私ははてなブログを始める前は、

アフリカで傭兵をやっていた。

私はたくさんの戦場を駆けめぐり、

多くの報酬を得てきた。

確かそうだったはず、多分。

いや、ここらへんは戦争の後遺症で

記憶が曖昧でな ・・・

だが、たとえ記憶を失っても、

身体はそれを覚えている。

一度習得した技術は

容易に失われるようなものではない。

今日は皆さんに戦場で生き残る術を教えよう。

 

私はまず、新兵である友人に

戦場での戦い方を叩き込むことにした。

私は鬼教官となり、

コントローラーを手に取った。

 

私 「私が手本を見せる。

貴様はそこで見ていろ」

友 「おお、このゲームやったことあるの?」

私 「いや・・・。

だが、戦場というものは、

どこだって似たようなものだ」

 

ゲームが始まると同時に、

私はキャラを全力疾走させた。

友 「おお、すごいな」

私 「覚えておけ、戦場で生き残るのは

勇敢な奴なのだ」

(ッターン!)

友 「おい、射殺されたみたいだが」

私 「・・・。

いいか、よく覚えておけ。

新兵はこうやって死んでいくんだ。

それを教えるためにわざと死んだ。

次は実践編だ。

よく見ておけ」

友 「あ、ああ・・・」

 

戦場の掟 その1

戦場では走らない

 

私は再びゲームをスタートした。

今度は慎重に、ゆっくりと前へ進んだ。

友 「なんなんだよ、その及び腰は!」

私 「覚えておけ、戦場で生き残るのは勇敢な奴ではない。

戦場で生き残るのは臆病な奴だ」

(ッターン!)

友 「また死んだみたいだが・・・」

私 「いいか、よく憶えておけ。

新兵はこうやって死んでいくんだ。

私はその手本を見せるためにわざと・・・」

友 「できないならできないって言えよ!」

 

戦場の掟 その2

できない時は正直に言おう

 

私は戦略の転換を余儀なくされた。

戦場では臨機応変な対応が求められる。

柔軟性を失った者は決して生き残れない。

私は新たな戦略を考えた。

そして気づいた。

敵を見えてから攻撃するのでは遅すぎる。

見える前にやらねば。

そう、大切なものはいつだって

目には見えないんだ!

とう!

私は勢いよく遠くの草陰に

榴弾を放り投げた

そして爆発音が響いた。

私は圧倒的大勝利感と共に

草陰へと近づいた。

 

友「味方が・・・死んでいるな・・・」

私 「・・・。

敵をだますならまず味方から。

敵を殺すときもまずは味方からだ!」

 

戦場の掟 その3

敵を殺す時はまずは味方から

 

以上だ。

この3つの掟を守るならば、

あなたはアフガンやイラクでも

きっと生きていけるはずだ。

頑張ってサヴァイヴしてほしい。

 

戦場の掟 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

新品価格
¥972から
(2017/9/9 23:48時点)