だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

トリエンナーレ!

さて、昨日は横浜に訪れた記事を上げた。
あんな記事を書いてしまったが、

ちゃんと横浜駅以外の場所にも訪れた。
今日はそのことを書こう。

 

私が気になっていたのは横浜美術館だ。
美の神 アフロディテを信仰する私としては
美術館は外せない。
私は用事を早く済ませ、
美術館の閉館ギリギリになんとか滑り込めた。

その日にやっていたのは、
トリエンナーレ展。
トリエンナーレとは、
みんなもよく知るアレのことだ。
意味は知らん。
Google先生に聞いてくれ。

館内は撮影可能なものが多かった。
これは嬉しい。
真実の神 マァトを信仰する私は、
いつも読者に真実のみを
伝えることを信条としてきた。
今日もきっとみんなに真実をお届けできるだろう。

さて、この展覧会には
いくつか注意すべき点がある。


f:id:buddha01:20170914230300j:image

 まずはこれだ。
見ての通り宙に浮いているネックレスである。
見るからにトラップだ。
こんなものに引っかかる人は
いないと思うが、
バッドエンドも全て回収したい人は
試してみてもいいかもしれない。
ちなみに実際に装着するとこうなる。
f:id:buddha01:20170914230315j:image

 

 

他にも様々なトラップやモンスターがあった。


f:id:buddha01:20170914230333j:image

クマさん 

 
f:id:buddha01:20170914230348j:image
クマさんにやられた客

 
f:id:buddha01:20170914230422j:image

 無限ループトラップ

 
f:id:buddha01:20170914230439j:image

 中ボス

全体攻撃魔法で攻めるのがポイントだ

 
f:id:buddha01:20170914230513j:image

 ボス部屋への道

 
f:id:buddha01:20170914230527j:image

 ボス


f:id:buddha01:20170914230536j:image

 第二形態

 

この後さらに何回か変身を残しているが、
それは皆さん自身の目で確かめてほしい。
最終形態を倒した暁には
きっと素晴らしい光景が見られることだろう。

 

こんなところか。
大体雰囲気はつかんでもらえただろうか?
美術館は危険でいっぱいだ。
トラップもあれば、モンスターもいる。
展覧会へ行くときは
装備をしっかり整えてから望んでほしい。