だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

ダンケルクが教えてくれたこと

先日は友人のT氏と遭遇してきた。

そして件の映画 ダンケルクを見てきた。

今日はその日のことを書こうと思う。

 

友人とは久しぶりに会ったので、

我々は再会を喜んだ。

T 「やぁ、ぶっだ、久しぶり!

そのド派手なアロハシャツはなんだ?」

私 「私の性格の暗さが際立つだろう?

大事なのはコントラスト、ギャップなんだ」

T 「盛大に失敗してるな」

私 「ああ、私も今、後悔している」

そんなことを話しながら、

我々は映画館へ向かった。

 

映画館では、友人がバケツみたいな

容器に入ったポップコーンを買っていた。

映画館の代名詞だ。

私 「やはりポップコーンは良いな。

葬式で火葬する時も棺に

ポップコーンを入れればいいのに。

そうすれば葬式の暗い空気を取り払える。

ポンポン!ポーン!」

T 「じゃあぶっだの葬式の時には入れてあげるね」

私 「すごく嫌だ」

 

そうこうしている内に、

映画の予告編が始まった。

友人は知っている映画があったらしく、

とても興奮していた。

T 「あ、トゥームレイダーだ!

これの原作がすごくてね」

友人はトゥームレイダー

豆知識を色々聞かせてくれた。

そして映画のタイトルが映し出された。

スターウォーズ ~最後のジェダイ~』

私 「スターウォーズって書いてあるんだが・・・」

T 「まぁ、そういうこともあるよね」

そういうこともあった。

 

さて、ダンケルクがどんな映画かについては

昨日詳細に書いた。

こちらを参考にしてほしい。

www.buddha01.ooo

 

我々はこの映画から、

人生から逃げることの大切さ、

現実と戦うのではなく、

ひたすら逃走することの

かけがえのなさを学んだ。

しかし、ダンケルクの重い空気は

まだ我々につきまとっているような気がした。

そんな空気を変えるべく、

友人はこんな話をしてくれた。

T 「ところでぶっだ、

暗い気持ちを打ち消すような

明るいニュースがあるよ!」

私 「ワォ!一体どんなニュースだい?」

T 「恋人に振られた」

私 「オゥー・・・」

T 「どうやら俺の悪いところは2つ。

内面と外見らしい」

私 「こんなにも非人道的な言葉は聞いたことがない。

ダンケルクもここまでではなかった・・・」

私はダンケルクを超える悲劇を目撃し、

人生の苦しさを噛みしめた。

 

ちなみに、この日は2人とも

参加しなければならない行事があった。

だが、「あ、ちょっと無理だな」

と感じたので、ダンケルクに見習って

急いで撤退することにした。

ダンケルクは我々に生き残る道を示してくれた。

多分、あれを見ていなかったら、

今ここでブログを書くこともできなかっただろう。

ダンケルク、本当に素晴らしい映画だった。