だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

深大寺、植物園へ行ってきた!

f:id:buddha01:20171004221731j:image

この前の休日、

友人と深大寺(じんだいじ)へ行ってきた。

深大寺、名前が素晴らしい。

我々の人生には、深さも大きさも足りない。

しかし、ここへ来れば、

かけがえのない何かが

見つかるかもしれない。

我々は藁にもすがる気持ちで

深大寺へ赴いた。

 

さて、深大寺はそこそこの観光スポットらしく、

周辺は様々なお店で賑わっていた。

寺の境内へ入る前に、

まずはそこらでおみくじを引いた。

友 「クソが!凶だ!」

私 「私は末吉であったよ」

友 「なんて書いてある?」

私 「争いの多くは負けなり」

友 「それは本当に吉なのか?

あ、他にも面白いのがあるな。

よろこびごと、よろしからず」

私 「本当に吉なのか、これは?」

友 「あ、でも良いことも書いてあるぞ。

生死、十に七、八は生く」

私 「2、3割は死ぬのか・・・」

幸先の良いスタートだ。

 

さて、それではそろそろ寺へ入ろう。

そう思った矢先に、おいしそうな

そば饅頭のお店を発見した。

寺より団子な我々は、

すぐにそちらへと吸い込まれた。

その他にもおいしいそばぱんや、

蕎麦屋がたくさんある。

そして深大寺のことはすっかり失念した。

結局、深大寺への参拝は

叶わなかった。

 

深大寺のすぐそばには、

神代植物園(じんだいしょくぶつえん)

というのがあった。

我々はついでにそちらを

見に行くことにした。

 

ところでこの神代という言葉、

なんで読みが深大寺と同じなのに

字が違うんだろうか?

まぁ、きっと深くて大きい理由があるのだろう。

気にせず我々は植物園へ入った。

 

途中、のどが渇いたので、

自販機で飲み物を買うことにした。

私 「何か希望はある?」

友 「希望などない。

この世界に希望など・・・」

私 「そう」

私はお茶をがぶがぶ飲んだ。

 

植物園には様々な緑があふれていた。

そしてそこら中に色とりどりの

生き物が、跋扈している。

私 「あ、バッタだ!

カマキリもいる!

やはり昆虫がいると楽しいな」

友 「虫に興味がない。

クソつまらない」

私 「お、トカゲもいる!」

友 「いちいち口にしなくていい。

心の奥底に閉まっておいてほしい」

私 「残念だな、何でも話せる友人だと

思っていたのに」

友 「ああ、本当に残念だ」

人間関係に大きな溝を感じた。

 

この植物園はかなり大規模なものであり、

大温室もあった。

私 「暑い!」

友 「こんなところに存在できない!

出よ出よ」

そんなこんなで我々は温室を後にした。


我々は植物園の感想を論じあった。

友 「植物、まったく興味なかったな!」

私 「ああ、まったくだ!」

こうして我々は植物園を満喫したのだ。

 

MKG 明星 深大寺そば 250g

新品価格
¥129から
(2017/10/4 22:33時点)