だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

ドライブが教えてくれたこと

先日の連休、

友人からドライブに誘われた。

友 「この前免許を取ったばかりなので、

運転の練習をしたい。

ちょっと付き合ってくれない?」

私 「いいよー」

そういうわけでドライブに行ってきた。

 

車はそこらへんの安いレンタカーを

利用することにした。

安くても、カーナビはついているので安心だ。

我々は意気揚々とドライブを開始した。

友 「さぁ、どこへ行きたい?

好きなところへ連れていってあげよう」

私 「じゃあまずそこの信号無視している

歩行者を軽くはねてみてよ」

友 「ドライブ始まる前に終わるわ」

残念ながら希望は却下された。

 

レンタカーは最安値だけあって、

音楽をかけることができなかった。

友 「眠くならないか心配だ」

私 「じゃあ私がドライブを実況して

退屈させないようにしよう」

友 「それはありがたい、頼んだ」

私 「チャリ・オン・ザ・ロード

チャリ・オン・ザ・ロード

カー・オン・ザ・ロード

バイク・オン・ザ・ロード

チャリ・オン・ザ・・・」

友 「お前実況向いてねぇよ!」

残念ながら実況も

クビになってしまった。

 

私は仕方なく危ない車がいないかを

探す役になった。

しばらく探してみると、

どうも前の車が怪しい。

時々ふらふらして安定しない。

多分居眠り運転だ。

友 「あれ、危ないな」

私 「起こしてあげようよ。

軽くバックミラーをへし折るだけでいいから」

友 「なぜ死に急ごうとする?」

 

ちなみに、友人の運転は上手だった。

免許を取ったばかりとは

とても思えない腕前だ。

私 「ドライビング、安定しているな」

友 「ありがとう」

私 「もっと生きることに

疑念を抱いていそうな、

そんな小刻みで不安定な

運転かと思ったよ」

友 「降りる?」

私 「ごめんなさい」

 

だが、そんな友人でも

居眠り運転をしまいかと恐れていた。

友 「何もないよりかはマシだ。

やっぱり実況を頼もうかな」

私 「じゃあ各国のGDP

経済構造についてお話しよう」

友 「お前は生きて帰る気あるのか?」

 

その後は大人しくカーナビの

示す道を友人に教えたりしていた。

だが、このカーナビが曲者だった。

どうも間違った道ばかり教えてくる。

私 「そこを左に曲がれって言ってるよ」

友 「道なんかねぇぞ。壁しかないんだが」

私 「カーナビが死ねって言ってる」

友 「死ぬかぁ」

 

そして我々がそのまままっすぐ行くと、

私 「カーブなんかしないで

もうとにかくまっすぐ行けだって」

友 「完全に見捨てられたな」

こうして我々とカーナビとの

信頼関係は完全に失われた。

だが、不思議なことに

それ以降は急速に事態が好転した。

そしてカーナビが指し示すより

よっぽど早く進めるようになったのだ。

 

このドライブは、

我々に多くを教えてくれた。

我々が学ぶべき教訓、それは

自分の進路を人任せにしてはいけない、

自分の道は自分の力で

切り開かなければならない、

そうしたかけがえのない事実なのだ。

目的地にすらたどり着けなかった我々は、

そう自分に言い聞かせて、

その日のドライブを正当化した。

 

ドリヴン [DVD]

新品価格
¥3,980から
(2017/10/12 22:26時点)