だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

はらぺこあおむし読書会

f:id:buddha01:20171013215649j:image

 

先日、はらぺこあおむし

読書会を行った。

今日はそこで得られた成果を

発表していこうと思う。

 

さて、はらぺこあおむしとは、

皆さんもご存知の通り、

文明崩壊後の終末世界を描いた

子ども向けディストピア絵本だ。

作中では世紀末に生じた

カタストロフィーにより、

世界から法と秩序は失われる。

そしてそこでは餓鬼と化した人類が

跳梁跋扈するのだ。

だが、そこに1匹のあおむしが現れ、

人類の罪と業を引き受け、

世界に救いをもたらす。

そんなストーリーだ。

そのため子ども向けの絵本としてだけでなく、

人類が抱える問題を浮き彫りにする

哲学書としても名高い。

それでは1つずつ見ていこう。

 

まずはこちらだ。


f:id:buddha01:20171013215700j:image

 

文明崩壊の瞬間である。

この時から世界は荒廃し、

力が全てを支配する

末法の世が訪れる。

 

あおむしがまず食べるのは

りんごである。


f:id:buddha01:20171013215806j:image

 

だが、これを食べても

空腹は満たされない。

これは間違いなく

近代合理主義批判を意味している。

りんごとは古来より

知恵を象徴する禁断の果実だ。

人間は知恵、すなわち理性を用いて

文明を築いた。

だが、それは理性を使えば

何でもできるという驕りを生んだ。

そして誤った理性の使用により、

破壊を生み、絵にあるような

りんごの穴、すなわち

虚無の空洞へと世界を導いた。

ここでは人間の傲慢と

理性万能主義への戒め、

そうしたものを表している。

 

続いてあおむしが食するのはこれだ。


f:id:buddha01:20171013215825j:image

 

これは善悪二元論を否定する意味が

込められている。

絵にある2つの果実は、

それぞれ善と悪を意味する。

だが、注目してほしいのは

そのどちらにも穴があるということだ。

それはすなわちどちらの側も

誤りであることを意味する。

物事を何でもきっぱり善と悪に

切り分ける極端な善悪二元論

どちらに対しても禍根を残す。

そして結局誰も満たされない。

この絵はそうした

二項対立にひそむ罠を警告している。

 

さらに見ていこう。

次の絵はこれだ。


f:id:buddha01:20171013215850j:image

 

青はよく自由を表す色として

国旗などにも使われることも多い。

そして果実が複数あるのは、

様々な種類の自由の存在を表す。

だが、やはりどれにも穴があいている。

これは間違いなく、

ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟』の

大審問官の場面を意識している。

その章では大審問官が、

キリストに対して

こんな問いを投げかける。

人々に自由は本当に必要なのか?

結局のところ人々は自由の負荷に

耐えられないのではないか?

自由に伴う責任と困難についての

問題提起である。

はらぺこあおむしでも

同じ問い掛けがなされていると

考えていいだろう。

この絵は我々に自由の意味を

考えさせてくれる。

 

次はこちらだ。


f:id:buddha01:20171013215905j:image

 

ずらりと並んだきらびやかな食べ物達。

これは資本主義への警句である。

資本主義経済が生み出す大量生産により

人間は豊かな物に囲まれた。

だが、いくら物質的に豊かになっても

欲望は決して満たされることがない。

人間にとって本当の豊かさとは

何なのかという問いを突きつける。

 

他にも様々な問題が取り上げられているが、

とてもじゃないがそれら全てを

紹介しきることはできない。

ここらへんは自分の目で

発見してみてほしい。

ここでは物語の帰結だけ

取り上げよう。

 

様々な苦難を経たあおむしは

やがて人類の業を全て飲み込む。

そしてみるみる内に膨れ上がるのだ。

人間の罪の大きさを物語っている。

 

あおむしは世界の難問に答えるため、

1人で孤独に瞑想を始める。

だが、長い時を経て、

あおむしはついに答えを見いだす。


f:id:buddha01:20171013215922j:image

 

人類救済の瞬間である。

 

感動する話だ。

私はこの絵本をこんな風に受け取った。

だが、私は国語の偏差値に

少々問題を抱えていてな・・・

 

このようにあれこれと見てきたが、

どのようなメッセージを受け取るかは

結局のところ人それぞれだと思う。

だが、そこに人類の葛藤と苦悩、

そしてその解答を見いだすのは

誰もが共通することではないだろうか。

もし何かに悩んでいるならば、

ぜひこの絵本を手にとってみてほしい。

あおむしが我々を導いてくれる。

 

はらぺこあおむし エリック=カール作

新品価格
¥1,000から
(2017/10/13 22:02時点)