だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

英国紳士への道 午後の紅茶会

f:id:buddha01:20171017194640j:image

私は自分で言うのもなんだが、

紅茶には深いこだわりを持っている。

それに加え、私は周囲からは

イギリス人並に性格が悪いと、

高い評判を勝ち得ているほどだ。

もはや生粋の英国紳士と言っても

過言ではないだろう。

 

そして先日は私と同じく

英国紳士の友人(訳 イギリス人並に性格が悪い)

からお茶会のお誘いを受けた。

私は優雅に、そして洗練された足取りで

友人の邸宅へと向かった。

 

さて、友人の部屋へ入ると、

さっそく紅茶会を開くことになった。

そして友人がベルをちりんと鳴らすと、

召使いが紅茶とお茶菓子を持ってきた。

そのはずだった。

だが、友人の家系はすでに没落していたので

自分で紅茶を取りにいかねばならなかった。

哀れな紳士だ。

私は同情の視線を向けながら、

静かに待った。

 

そしてお茶をご馳走になった。

友 「ところでうちには様々な

等級の茶葉があるが、

これはどれだと思う?」

私 「安物だな。ゴミ捨て場みたいなにおいがする」

友 「うちで一番良いやつなんだが」

私 「うーん、やはり良い茶葉は違うな。

とても良いゴミ捨て場の香りがする」

友 「何だよ、良いゴミ捨て場って・・・」

貴族の出した不要高級家具置き場と

不法産業廃棄物投棄場ぐらいの違いか。

 

友 「まぁ、試して悪かったよ。

お茶菓子もあるし楽しんでくれ」

次に来たのはとても良いダージリンであった。

ところで皆さんは

ダージリンの語源をご存知だろうか?

これはインドのダージリン地方から来ており、

イギリスのインド植民地統治時代の産物だ。

そしてそこには様々な歴史的な背景がある。

私はダージリンにまつわる光と陰の

ストーリーを友人に話した。

友 「実に面白い話だった。

ちなみにそれ、アールグレイだ」

私 「まぁ、そう呼ばれることもあるよね」

 

友 「ところでアールグレイって

どういう意味なんだ?」

私 「・・・」

友 「どうした?お茶にうるさいんじゃなかったのか?」

私 「お茶!お茶!お茶ぁ!」

友 「うるさい!」

 

そんなわけで私の紅茶へのこだわりと、

該博な知識をわかっていただけたと思う。

私のような紳士になりたければ

まずは紅茶について勉強してほしい。

それが紳士の教養というものだ。