だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

高尾山登山ガイド!高尾山へ行ってきた!

 先日、友人から登山に誘われた。

連休中はその友人と高尾山へ行ってきたので、

今日はその登山記を書こうと思う。

 

当日は幸運にも快晴。

絶好の登山日和だ。

我々は電車で高尾山口駅まで行き、

そこから頂上を目指した。

 

山の途中まではリフトが出ていた。

リフトはこんな感じだ。


f:id:buddha01:20171106230804j:image

スキー場でよく見るあれである。

ブランコのようなリフトに乗り、

我々は上へと運ばれていった。

下を見るとそれなりに高さの

場所もいくつかある。

私 「あっ、今落ちたら死ぬ」

友 「あっ、ここで落ちても死ぬ」

私 「あっ、ここも死ぬ」

我々はずっと死ぬ死ぬ言いながら運ばれた。

前後の乗客はすごく嫌だったと思う。

 

そんなこんなでリフト終着点へたどり着いた。

あたりを見渡すと様々な施設が目に入る。

 
f:id:buddha01:20171106230816j:image

友 「絶景 展望台だって」

私 「略して絶望だな」

友 「ああ、ここには希望がない」

希望のない場所には用はなかった。

 

お次はこんなスペースだ。


f:id:buddha01:20171106230839j:image

友 「バーベキューマウント、一体何だろうな」

私 「バーベキューでマウントするんじゃないかな」

友 「どんな風に?」

私 「いやー、やっぱバーベキューは

高い肉じゃないとなー。

こういうとこで100グラム1000円以下の肉を

焼くとかマジないわー。

とか言いながら隣の人をちらちら見たりする」

友 「最高にまずそうだな」

私 「去ろう」

ここにも希望は見あたらなかった。

 

こんな絶望の場所で時間を

潰している場合ではない。

さぁ、頂上を目指そう!

私 「それじゃあ気を取り直して登山だ!」

友 「出発!」

 

数分後

 

友 「飽きた。帰ろ」

私 「帰るか。ここには希望がない」

我々は帰った。