だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない 毎日21時更新予定

道案内の仕方 電車乗り換え編

今日は東京のことをよく知らない知人に、
道案内を頼まれた。
具体的に言うと、電車の乗り換えだ。
 
東京の路線図は、毛細血管のように
入り組んでいる。
そのため、赤血球が毛細血管を
熟知するように、
路線図のことを知らなければならない。
そうでなければ山手線の輪廻に
飲み込まれたりして、
未来永劫車内で暮らすことになる。
そこで東京を知り尽くした男、
私の出番となる。
 
自分で言うのも何だが、
私はかなり地理には強い方だ。
人生には迷う方だが、
道に迷うことはほぼない。
時々到着する場所が
目的地とややズレることはあるが、
誤差は半径1500キロ以内を
超えたことはない。
 
空気は読めないが地図は読める。
デキる人間の代名詞である。
そういうわけなので、
私は自信満々に道案内を開始した。
 
トラブルが起きたのは、
その10分後の出来事だ。 
最初の乗り換えで異変が生じた。
新宿行きの電車が見あたらないのだ。
 
そんなバカな。
東京の電車で、新宿行きが
無いなんて有り得ない。
全ての道がローマに通じるように、
全ての東京の線路は新宿に通じる。
これは真理だ。
私は必死に新宿行きの電車を探した。
 
数分後、偶然にも糸口を発見したのは、
知人だった。
 
知人 「あの、ここ新宿じゃ・・・」
 
私 「あっ・・・」
 
どうやら新宿駅の構内にいたのに、
私は池袋と認識していたようだ。
若干思考が先走ってしまった。
困ったうっかりさんだ。
 
新宿駅から新宿駅へ行く列車はない。
答えがないのだから、
私がわからないのも無理はない。
よってノーカンである。
 
その後、何事もなく知人を
目的地に送り届けた。
今回も道案内は成功だ。
そう見なそう。
無論、これまでの見なし成功率は
100%である。
 

 

 

Follow @buddha0123