だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

やれやれ

今日は知人から「お前の文章は村上春樹みたいでアレ」と言われた。

やれやれ。僕はため息をつきながら思った。

そうかもしれないし、あるいはそうじゃないかもしれない。

世界はスタンダールの『赤と黒』のように、

くっきりわけられるものじゃない。

 

いいかい、ひどいひどい砂嵐を想像するんだ。

ほかのことはぜんぶすっかり忘れてしまうようなね。

その砂嵐の中ではすべてのことを忘れてしまう。

自分が何者なのかも忘れてしまう。

世界というのは僕らが好むと好まざるとに関わらず、

そうやってできているんだ、基本的にはね。

まぁ僕はそんなことには何の興味もないし、

言う権利もないけれど。

そんなことを考えながら僕はカフェでスモークサーモンとレタスのサンドイッチを(以下略)