だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない 毎日21時更新予定

日常-思い出

ラーメン評論について

ラーメン評論家が炎上している という話を聞いた。 ラーメン評論か・・・ 懐かしいな・・・ あれは何年前の話だったか・・・ (遠い目をしながら) 実は私もラーメンの評論を やってみようかなと 思った時期もある。 自分の好きなラーメンの感想を きちんと文…

失われたTシャツの思い出

今週のお題「お気に入りのTシャツ」 私にはお気に入りのシャツがあった。 随分昔の話だ。 小学生の頃だっただろうか。 図工の時にTシャツを作る時間があった。 自分で好きな絵を描いて、 それをプリントして Tシャツにするというものだ。 当時の私は恐竜が大…

防水スプレーとカエル

昨日は友人らが、 「防水スプレーは本当に効くのか?」 という話をしていた。 防水スプレーと聞くと思い出す。 子供の頃の思い出を。 防水スプレーを知ったのは、 小学生の頃だ。 小学生の私は防水スプレーの 無限の可能性に夢中になった。 持っているものは…

ダチョウの卵が食べたい

昔、図鑑でダチョウの卵を見たことがある。 それは確か卵のページだ。 色んな鳥の卵がズラリと 紹介されていた。 その中でも、ダチョウの卵は 卵の中で最も大きなもの、 と書いてあった。 そうか、ダチョウの卵! これを食べれば大きくなれる。 ビッグなもの…

雪かきの思い出

久々の雪である。 東京で雪は珍しい。 そういえば以前、東京で大雪が 降った時のことを思い出した。あの時は夕方から夜にかけて、 大雪が降った。 そして、翌朝には雨になって、 ぐしゃぐしゃになる可能性があった。 雪がサラサラの内に、 雪かきをしておく…

北海道旅行記 その3 クマとの出会い

昔訪れた北海道の旅行記の続き。 https://www.buddha01.ooo/entry/2018/06/08/213547 我々はその後も様々な観光地へ行った。 その1つがクマ園である。 北海道と言えばやはりクマ。 クマを見たり、食べられたりするのが、 北海道旅行の醍醐味である。 当日の…

過酸化水素水の思い出

占いを見ていたら、今日のラッキーアイテムは過酸化水素水だったので、今日は過酸化水素水について書こう。過酸化水素水と聞いて真っ先に思い出すのは、小学校の理科の時間だ。恐らくみんなも習ったと思う。たしか別名はオキシドールだった。 それに二酸化マ…

ザリガニの思い出

今日は川でザリガニを取っている 子供たちを見かけた。 ザリガニ・・・とても懐かしい単語だ。 ザリガニを見ると、小学生時代に 教室で飼われていたザリガニを思い出す。 今日はザリガニの思い出を書こうと思う。 さて、話は少しずれるが、 その頃はこんな遊…

サッカーが教えてくれたこと

世は今まさにワールドカップ真っ盛りらしい。私も連日視聴しており、何やら人類が球体を追いかけているらしい、というところまでは把握している。 さて、そんな私がサッカー人生を歩み始めたのはかなり昔のこと。それは小学校の頃だった。あの頃はみんなで仲…

ゲームで学んだ資本主義の論理

今週のお題「ゲームの思い出」ゲームの思い出は古い。子どもの頃から嗜む程度には、ゲームをやってきた。だが、ゲームソフトは子どもにとって、あまりにも高価な代物だ。私は経済上の理由から、安価なソフトを求めた。質などどうでも良い。そして私はフリー…

きゅうりと私

今日は夕飯の際、知人がきゅうりの味噌漬けを頼んでいた。私はきゅうりを見ると、なんだか色々なことを思い出してしまう。そして心は幼い頃へと羽ばたき、記憶の野原を駆け巡る。今日は私ときゅうりの思い出について書こう。きゅうりとの馴れ初めは最悪だっ…

缶詰の思い出

缶詰というものは独特の魅力がある。さして味はおいしいわけではない。だが、あのちんまりとした金属缶には、どこか人を誘惑する何かがある。そんな風に感じる。昔から私は缶詰がとても好きだった。子どもの頃はよく欲しがったものだ。初めての缶詰は桃缶だ…

北海道旅行記 その3 クマとの出会い

前回の話の続き。 www.buddha01.ooo 我々は何とか無事北海道にたどり着いた。 そして1日目を終え、 2日目を迎えた。 だが、私は寝不足気味だった。 前日私の班で起きたとある事故の件で、 私は担任や教頭先生から、 一晩中班長責任を追及されていたからだ。 …

北海道旅行記 その2 100万ドルの値段

今週のお題「修学旅行の思い出」 以前書いた修学旅行の思い出の続き。 http://www.buddha01.ooo/entry/2018/06/02/230508 前回書いた通り、 我々は北海道に無事到着した。 そして現地では班ごとに 行動することになっていた。 もちろん私はグループの班長(ヘ…

北海道旅行記 その1

今週のお題「修学旅行の思い出」 今週のお題は修学旅行だ。 修学旅行の思い出を語ろう。修学旅行先を決定する時、 校内では議論が分かれた。 確か最後の候補地は、 北海道とアフガンだったはずだ。 そして投票の結果、 僅差で北海道になった。 試される大地…

掃除をうまく進めるコツ

最近、友人の部屋の掃除を手伝うことが多い。そのため、段々掃除のコツがつかめてきた。そこで今日はそんなお掃除お役立ち情報を紹介しよう。さて、皆さんは大掃除をする時、どんな作戦を取るだろうか?ちょっとシミュレーションしてみようじゃないか。まず…

読書感想文の思い出 『森は生きている』

お題「読書感想文の思い出」 みんなは読書感想文を 覚えているだろうか? きっと多くの人は 苦しんだ経験があると思う。 こいつは夏休みの宿題の定番だ。 毎年多くの小学生が 犠牲となっている。 かくいう私も小学生の時、 読書感想文を書かされた。 私は小…

春の思い出

// 段々と暖かくなってきた。 そろそろ春の到来である。 だが、私は春には良い思い出がない。 こんな良くない季節は、 他には夏と秋と冬ぐらいだろう。 暗黒スプリングエピソードはいくつかある。 今日はその1つ、 中学入学時の話を書こう。 私は中学受験と…

お台場の思い出

// 今日は友人から、お台場へ行った話をされた。そしてお台場が楽しかったことを自慢されたので、私はとても悔しくなった。なので私もお台場が楽しかった話をしようと思う。私だって数年前に他の友達と行ったのだ。さて、まずはお台場に行く方法を話そう。…

成人式の思い出

// さて、成人式である。 今年もまた多くの若者達が 大人へなっていく。 感慨深いことである。 と、まぁこんな風に年寄りぶってみたが、 私が成人したのもつい2500年ほど前の話だ。 まだまだ大人になりたてほやほやである。 そしてもちろん私も成人式に参加…

私の休日の過ごし方~波動~

今週のお題「休日の過ごし方」 今週のはてなブログのお題は 「休日の過ごし方」だそうだ。 というわけで今日は波動の話です。 さて、皆さんは波動と出会ったのは いつ頃だろうか? きっと物理の時間ではないだろうか。 私もそうだった。 私と波動が初めて出…

中学校の思い出

今日は久しぶりに同じ中学校の 友人のE氏、F氏と会った。 旧友と話すのはとても楽しいものだ。 そして我々はとても 愛校心の強い生徒だったので、 話題は当然母校についての話となった。 E 「まず運動会がクソだった」 F 「あれはひどかったよね・・・」 私 …

友との別れ

先日、私は大きな別れを経験した。 古くからの友人であった 愛用のカップが自殺したのだ。 投身自殺だった。 即死だった。 私はこっぱみじんになった遺体をかき集め、 先ほど告別式を済ませて来た。 しかし、いまだに現実を 受け入れられない。 そこで今日は…

帰りの会の思い出

小学生の頃、学校ではよく帰りの会が開かれた。 帰りの会とは、みなさんもご存知の通り、 授業後に行われる集団リンチ行為のことだ。 発表者は浅間山荘事件における 連合赤軍のような自己総括を求められたり、 反体制派の密告を行って、 全員で制裁を加える…

夏の夜の怪談

はてなブログの今週のお題は 「ちょっとコワい話」 だそうだ。 たまにはこういうのに乗っかるのもいいだろう。 そこで今日は私が出会った恐怖体験を書こうと思う。 あれは私が小学生の頃。 たしか夏の終わりの暑い日の出来事だった。 その日は疲れていたので…

ひでたか君の思い出

お題「私が犯した過ち」 占いを見ていたら、 今日のラッキーワードは贖罪だったので、 今日は私の罪を告白しようと思う。 長年私を苦しめてきた罪悪感に終止符を打ちたい。 時は幼稚園時代まで遡る。 私にはひでたか君という友達がいた。 まぁ友達とは言って…

私は電柱になりたい

私は電柱になりたい。 きっとみんなも心のどこかではそう思っていることだと思う。 だが、電柱になりたい理由は人それぞれだ。 そこには様々なストーリーがあるだろう。 そこで今日は私の物語を話したい。 さて、私と電柱との出会いは小学生の時だ。 あれは…

ソフトクリームと私

子どもの頃、私はソフトクリームをよく食べた。 ソフトクリームは私の大好物で、中でもチョコソフトは大のお気に入りだった。 ところで皆さんはおいしいものを食べる時、どのような戦略で臨むだろうか? おいしいものを後に残して、ゆっくり食べる人が多いの…

豆乳と私

始めました。どうぞよろしく。— ぶっだ (@buddha0123) 2017年3月26日 豆乳と私の出会いは最悪だった。 あれは数年前の出来事だ。 友人が豆乳を飲んでいるのを見て、何だかとてもおいしそうだなと私は思った。 そこで早速コンビニで豆乳を買ってきて、一気に…

哀しみのお花見

3月も半ばを過ぎました。 段々春という感じがしてきましたね。 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? もう少しするといよいよ桜の季節です。 桜は情緒がありますよね。 桜、咲く。桜、散る。人間は死ぬ。 死の恐怖に震える。 というわけで今日はお花見の話だ…