だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない 毎日21時更新予定

ゲーム

群馬旅行記 4 集落へ・・・

Gunma Fantasyの続き。 www.buddha01.ooo www.buddha01.ooo www.buddha01.ooo これまでは群馬の魔物やダンジョンばかり 紹介してきた。 しかし、群馬には数は少ないが、 一応人間も存在している。 そして彼らは集落を築いている。 集落への行き方だが、 森の…

群馬旅行記 3 魔境 富岡製糸場

前回は魔の山 赤城山を紹介した。 www.buddha01.ooo 今回は富岡製糸場を取り上げよう。 知っての通り、ここは赤城山と並ぶ 有名なダンジョンだ。 多くの冒険者達がここで命を落とし、 先日は負の世界遺産に認定されたのが 記憶に新しい。 挑むときは心して欲…

群馬旅行記 2 赤城山という地獄

先日のGunma Fantasyのつづき。 www.buddha01.ooo 初日を生き延びる方法は、 前回言ったとおりだ。 次はダンジョンの攻略に移ろう。 群馬で最も有名な魔境とは何だろうか? それは赤城山だ。 毎年多くの冒険者が訪れ、 その半数が帰らぬ人となる。 生きるた…

群馬旅行記 1 最初の1日目を生き延びるために

先日、群馬出身の知人から、 とあるスマホゲームを勧められた。 非常に再現度の高い作品だから、 是非やってみて欲しいとのこと。 海外生活に興味があった私は 早速プレイしてみることにした。 ゲームの名は 「Gunma Fantasy」 ここでは略して「グンファン」…

ゲームで学んだ資本主義の論理

今週のお題「ゲームの思い出」ゲームの思い出は古い。子どもの頃から嗜む程度には、ゲームをやってきた。だが、ゲームソフトは子どもにとって、あまりにも高価な代物だ。私は経済上の理由から、安価なソフトを求めた。質などどうでも良い。そして私はフリー…

Alとの対話

今日は知人からAlのアプリをおすすめされた。 知人 「もう人間はおしまいなんですよ。 人間はAlに仕事を奪われるし、 そうなってしまえばいい。 ぶっださん、最近こんなAIアプリがあります。 このAlとは会話ができるんです。 僕はもう人間とは話さない」 私 …

Blood borne レビュー その3 ブラッドボーン大学の授業風景

これまでBlood borneについては、 何度か記事を書いた。 それを読んだ方の中には、 「Blood borneは、力が全てを支配する 終末世界なのでは?」 そんな風に思った人もいるかもしれない。 だが、それは誤解だ。 それはほんの一部(98%ぐらい)に過ぎない。 こ…

グランドセフトオート(GTA) レビュー レースの楽しみ方

皆さんはグランドセフトオート(以下GTA) というゲームをご存知だろうか? 有名な作品なので、 知っている方も多かろう。 休日に友人の家にお邪魔した際、 これをプレイすることがあった。 我が家には最近電気文明が 到達したばかりなので、 ゲーム機なんても…

Blood borne レビュー その2 心強い仲間達

以前、Blood borneというゲームの 紹介記事を書いた。 前回は村人とキャンプファイアーを 楽しもうとしたが、 逆に私がキャンプファイアーに されてしまった。 キャンプファイアーとは、 時にそういうものだ。 この村は、よそ者にとても厳しい。 隙あらば火…

Blood borne レビュー その1 近所へのご挨拶編

先日、友人から、 とあるゲームをおすすめいただいた。 ようやくプレイできたので、 今日はその感想を書こうと思う。 さて、ゲームを始めるに当たって、 留意しておくべきことを尋ねた。 友人曰く、 「ぶっださんには、じっくりと 腰を据えて遊んでいただき…

Cities Skylins レビュー ~失敗しない街づくり~

これまで何度か取り上げたが、 Cities Skylinsという街づくりのゲームがある。 嬉しいことに私の記事を見て、 このゲームを始めた人もいるらしい。 そこで今日は街づくりの ポイントを紹介しよう。 まず、最初に作るのは道路だ。 道路の建設から始めよう。 …

the Hunter - Call of the Wild - レビュー3 自然とのふれ合い

「the Hunter -Call of the Wild -」 が、どんなゲームなのかは、 前回、前々回の記事を参照して欲しい。 今回は自然の良さを知ってもらうため、 友人のM氏を誘うことにした。 早速M氏へ電話をかけ、 開口一番こう尋ねた。 ツトム 「鹿を撃つのに興味ある?…

the Hunter - Call of the Wild - レビュー2 ~獲物を待つということ

昨日は狩猟ゲーム「the Hunter call of the wild」についての記事を書いた。だが、私の狩りは、ランボー 怒りの野原疾走をしただけで、失敗に終わったのだ。それを見かねてか、友人が手本を見せてくれることになった。友 「なんでそんな脳筋プレイしかできな…

the Hunter - Call of the Wild - レビュー ~狩猟採集生活のススメ

ゴールデンウィークが始まった。 皆さんはどのように過ごすだろうか? 私は連休中は友人宅で、 洋ゲー(海外のゲーム)をやることにした。 我が家にはゲーム機がないので、 普段ゲームをすることがない。 こういう時じゃないと ゲームをする機会がないのだ。 …

通勤ラッシュの解決法

先日、Cities Skylinesという 町作りのゲームのことを書いた。 www.buddha01.ooo 今日はその続きだ。 前回、建設を試みた私の町、 ネオ・ニルヴァーナシティは、 脆くも崩壊した。 なので、今回はもっと真面目に取り組んだ。 その結果、なんとニューヨークの…

町作りのススメ

「町を、作らないか?」 友人のツトム氏(自称)から、 そんな誘いを受けた。 どうやらおすすめの 町作りゲームがあるらしい。 私は町を作るべく 友人の家に赴いた。 町作りのゲームといったら何だろう? そう、やっぱりシムシティ! と思いきや、 Cities Skyl…

帰ってきたどうぶつの森

// 以前、どうぶつの森はもう飽きたと書いた。 www.buddha01.ooo だが、時が経てば、 人の考えというのは変わるものだ。 あれからしばらく どうぶつのいない夜を過ごした。 するとなんだか私はどうぶつ達の ぬくもりが恋しくなってきてしまった。 そして私の…

どうぶつの森攻略法 その8 どうぶつ達との再会

その日、ニュースは唐突にもたらされた。 「どうぶつの森、新機能追加!」 それを聞いた私は この前アンインストールしたばかりの どうぶつの森を、 すぐさま再インストールした。 私は森に帰ってきたのだ。 さて、気になる新機能とは、 ガーデンシステムで…

どうぶつの森攻略法 その7 どうぶつ達との別れ

どうぶつ達との生活も だいぶ長くなった。 彼らが欲しがる物を渡し、 対価となる金品をもらう。 資本主義である。 そして私は虫取りや釣りをして、 彼らの欲する物をかき集めた。 だが、最近はその手間が面倒になり、 ブローカーから安く買いつけるようにな…

どうぶつの森攻略法 その6 どうぶつ達との和解

ここしばらく一番気合いを 入れて書いているのが、 どうぶつの森 ポケットキャンプ攻略法だ。 だが、残念なことに、 これの評判がすこぶる悪い。 なので誠に遺憾だが、 このコーナーはあと50回ほどで おしまいにしようと思う。 残り少ないコーナーなので 噛…

どうぶつの森攻略法 その5 ポケ森 用語集 これからどうぶつの森を始める人達へ

これまで散々どうぶつの森の 記事を書いてきたが、 未プレイの人には意味不明だったかもしれない。 そこで今日はどうぶつの森の 基本用語集を作ってみた。 これさえ知っておけば、 大体オーケーだ。 参考にしてみてほしい。 どうぶつ・・・森に跋扈するクリ…

どうぶつの森へのいざない

昨日友人のT氏と会った際、 どうぶつの森の話になった。 T 「ぶっだ、最近どうぶつの森やってるよね。 どんな感じ?」 私 「何の意味もない。 この森には苦しみしかない。 早く出たい。 絶対にやらない方がいい」 T 「そう言われるとやってみたくなるな」 そ…

ポケ森攻略法 その4 質問コーナー

最近、どうぶつの森のことを Twitterでつぶやくと、 なぜか同じどうぶつの森好きの人達に ブロックされたり、 フォロワーがゴリゴリ減っていって とても悲しい。 一体どうしてなのだろう。 まったく見当もつかないな・・・ 私はただどうぶつ達と 楽しくお話…

癒し系と卑しい系の比較

癒し系と卑しい系。 この2つは響きがとてもよく似ているので 多くの人は混同してしまうかもしれない。 しかしながらよく考えてみると、 両者には大きな違いがある。 今日はそれを見ていこう。 まずは卑しい系だ。 卑しいという言葉を見て、 我々は何を思い浮…

ポケ森攻略法 その3 フレンドの作り方

どうぶつの森リリースから少し経った。 みんなは生き残ることが できているだろうか? 今日も過酷などうぶつの森を 生き抜く術を考えていこう。 さて、この森のサバイバルで きわめて重要なのがフレンドだ。 言うまでもないことだが、 どうぶつの森のフレン…

ポケ森攻略法 その2 生贄の祭壇の作り方

昨日はどうぶつの森 ポケットキャンプ、 通称ポケ森の始め方を紹介した。 www.buddha01.ooo 今日はより実践的な攻略法を見ていこう。 昨日も書いた通り、 序盤のどうぶつはレベルが低いので 簡単にベースキャンプへ 連れてこられる。 ところで皆さんは捕らえ…

ポケ森攻略法 その1 森の理

最近、スマホ版のどうぶつの森がリリースされた。 その名も「どうぶつの森 ポケットキャンプ」と言う。 今この瞬間も多くのプレイヤーが プレイに夢中になっている。 私も同じどうぶつとして、 これを見逃すことはできない。 そういうわけで、私も実際にプレ…