だいたい日刊 覇権村

実益のない事しか書かない

人生に役立つ深海展

深海魚になりたいという欲求

人間の最も本質的な欲望の1つだ。

私もその本能に従って

深海展という展覧会に入った。

恐らく本展覧会は、

そうしたニーズに応えるために

開かれたのだろう。


f:id:buddha01:20170722223318j:image

 

さて、我々の憧れの深海魚達は

過酷な環境で生きている。

太陽光線の届かない闇の中で生きるには

様々な工夫が必要だ。

そしてそうした生存技術は、

社会という名の深海で生きる我々に

閃きと活路をもたらしてくれることだろう。

生き抜く力、大事。

深海でのいろんな生存スキルを見てみよう。

 

まずは、光を発して捕食者の目をくらまし、

その隙に逃げるという方法。

コウモリダコやヒオドシエビがこの手を使う。

これは使えそうだ。

私も怖い人に絡まれたら

発光しながら逃げよう。

 

また、今度は光で獲物をおびき寄せ、

それを捕食するというのもある。

チョウチンアンコウなどがそれだ。

恐らくはパチンコ店は

この技術を応用したものだろう。

深海の技術は人間界にもよく使われている。

 

次に、天敵に襲われそうになった時、

その天敵のさらに天敵を呼び出して、

撃退してしまうのもいる。

これも、上司に襲われた時、

上司の上司を召喚するという手で

活用できるだろう。

 

深海では凄まじい水圧がかかる。


f:id:buddha01:20170722223344j:image

 これが深海の圧力にさらされると・・・

 
f:id:buddha01:20170722223356j:image

こんなに縮む。

いつもでかい態度で

周囲を困らせている人がいたら、

深海に連れてこよう。

きっと自意識が縮んで謙虚な人間になるはずだ。 

 

 

 館内はダイオウイカが泳いでいた。


f:id:buddha01:20170722223413j:image

そして迂闊な客が何人も食べられている。

心温まるふれあいコーナーだ。

 

また、館内には様々な動画があった。

記憶に残ったのは深海サメの映像だ。

深海でサメの餌を檻に入れておくと、

大量のサメが寄ってくる。

そして餌へと殺到する。

だが、檻に入っているので食べられない。

そして餌の周りは

発狂状態のサメ達で溢れる。

まるで課金ガチャを禁じられた

ソシャゲ廃人のような光景だ。

 

深海魚コーナーを抜けると、

深海探査艇と操縦士のレプリカが展示されていた。


f:id:buddha01:20170722223434j:image

 

操縦士はどんな表情で操作してるんだろうな。

私は前にまわってみた。

 
f:id:buddha01:20170722223447j:image

ヒッ、死んでる・・・!

これが深海だ。

深海って怖いんですよ。

 

続いては海洋探査船コーナー。

 
f:id:buddha01:20170722223513j:image

ちきゅう号という船は、

誤差数メートルで同じ場所に

とどまることができるらしい。

だが、私は誤差数センチで

地上にとどまることができる。

勝ったな・・・。

私は優越感に浸りながら

ズンズン進んだ。

 

次は探査船 資源号。

 
f:id:buddha01:20170722223547j:image

たくさんの探査ケーブルを曳航し、

地震波を捉えるらしい。

ダメだ、勝てない・・・。

私は敗北感に浸りながら

トボトボ進んだ。

 

さて、ここまで色々見てきたが、

最後に、生きる上での様々な問題に対して、

最も有効なソリューションが示されていた。



f:id:buddha01:20170722223605j:image

ドリルだ。

回転するドリルは堅い岩盤を貫き、

あらゆるものを粉砕する。

我々が生きる上で最も参考にできるところだ。

 

煩わしい人間関係も、

勉学や仕事の悩みも、

ドリルを使えば一発である。

 

要するに、とにかくドリルだ。

ドリルはすべてを解決してくれる。

これが今日の教訓だ。