だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

プレミアムフライデー!

昨日は友人とプレミアムフライデーを過ごした。

友 「今日はプレミアムフライデー!」

私 「いぇー!」

友 「プレミアムフライデーのフライは

何のフライかな?」

私 「串カツ!」

友 「そう、エビフライだよね」

私 「串カツ!串カツ!」

友 「それじゃあエビフライを食べに行こー!」

私 「串カツだっつってんだろ!」

というわけでエビフライを食べに行った。

そして、せっかく食べるからには、

少々お高めのエビを楽しもうという流れになった。

入ったのはエビ専門店だ。

 

本命に入る前にまずは前菜から。

とりあえずグラタンを頼んだ。


f:id:buddha01:20170701202853j:image

 

我々は一口食べた瞬間、顔を見合わせた。

 

私 「温かいな」

友 「うん、温かい」

 

友 「色があるな」

私 「ああ、色がある」

 

我々は味については頑なに言及を避けた。

その理由については・・・

まぁ、察して欲しい。

 

飲み物も頼んでみた。


f:id:buddha01:20170701202906j:image

 

私 「・・・」

友 「なんなんだ、このあからさまな有害物質は」

 

これにはメインディッシュへの不安が募るばかりだ。

そしてとうとう本命が到着した。

 
f:id:buddha01:20170701202926j:image

 

我々は恐る恐るエビを口にした。

私 「!!」

友 「口の中がオホーツク海!」

さすがにエビだけはまともだったようだ。

 

エビを食べながら、

我々はエビの話をした。

私 「そう言えば、私は昔ミナミヌマエビという

エビをたくさん飼っていたよ。

飼いやすいのでどんどん繁殖した」

友 「で、どうなった?」

私 「ある時、1匹の魚を入れた。

だが、そいつはエビ達の天敵だったようだ。

1匹のジェダイがシュリンプ帝国を

崩壊させてしまった」

友 「映画化が待たれるな」

タイトルはシュリンプウォーズで。

 

そんなこんなで我々はフライを堪能した。

会計は結構いってしまった。

その上、消費税とは別にサービス料も

かなりかかった。

友 「なんかサービスされたか?」

私 「我々がえびを食べる様を

優しく見守ってくれた」

友 「そいつは最高のサービスだな。

普通は店員に罵倒されるもんな」

 

結論 プレミアムフライデーは高くつく