磯遊びに行ってきた! 準備編

先日、友人と磯遊びに行くことになった。

磯遊びとは、干潮で岩場に取り残された

哀れな魚介類達を乱獲する

貴族の嗜みのことだ。

 

だが、磯遊びには大きな危険が伴う。

きちんと装備を整えなければ、

野盗に遭ったり、

魚介類の反撃に遭って、

命を落とすことになるだろう。

磯遊びは遊びじゃないんだ。

真剣に向き合う必要がある。

 

さて、磯遊びの三種の神器と言えば、

サンダル、網、バケツだと思う。

まずはこれらを集めなければならない。

だが、それらは神器というだけあって、

神々の持ち物だ。

収集には非常な困難が伴った。

 

まずは伝令の神 ヘルメスが持つ

羽つきのサンダルだ。

私はこれを探しに天界へ向かった。

しかしながらヘルメス神にお伺いを立てると、

サンダルはすでにペルセウスの手に

渡っているらしい。

そのため私は夜の闇に乗じて

ペルセウスへ近づき、

後ろからバットで殴打し、

サンダルを強奪した。

これで最初のアイテムゲットだ!

 

続いては鍛冶の神 ヘパイストスが持つ

見えない網である。

だが、こちらの網はヘパイストス自身が

使おうとしているようだ。

そのため私は夜の闇に乗じて

ヘパイストスへ近づき、

後ろからバットで殴打し、

網を強奪した。

これで2つ目だ。

 

最後にバケツだ。

これもそのへんの神を適当に

夜闇バット殴打(YBO)して、

ゲットしてきた。

 

これで準備は万全だ。

だが、それでも何があるかはわからない。

私はもしもの時に備えて、

遺書をしたためた。

そして厳かな面持ちで海へと旅立った。

 

つづく