だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

週刊 アリ新聞 我が家のアリの好物編

f:id:buddha01:20171006234249j:image

おっはよー!週刊アリ新聞の時間だよ!

今日もみんながまったく興味のない

アリの話をしていくよ!

 

さて、今週のおともだちは

我が家で飼っているアリだ。

先日、小学校に提出する

自由研究のために観察を開始した。

種族はクロオオアリという。

日本のアリの中では

最大となる大きなおともだちだ。

写真は貼らない。

現物のアリを見ると

急性アリショックバックドラフトを起こして、

昏倒する人もいるからだ。

 

私はこのアリ達に様々な物を与えた。

今日はその観察データを共有したい。

 

・蜂蜜

これはなかなか食いつきがよかった。

アリは進化の系譜において

蜂と同じ系列らしい。

好むのも頷ける。

 

・パン

これはあまり食べなかった。

どうやら彼らは和食派らしい。

さすがは日本を代表するアリだ。

見上げたアリである。

 

・米

これもあまり食べなかった。

どうやら彼らは非国民らしい。

見下げたアリである。

 

・蚊

私の生き血を吸った忌まわしき蚊達を

退治して捧げた。

凄まじく食いつきいい。

入れた瞬間殺到する。

ヴァンパイアか。

 

・ビターチョコ

食べなかった。

まだまだ子どもだな、

と私は優越感にひたった。

 

・きゅうり

私の大の苦手であるきゅうり。

惣菜に付着していたため、

アリに押しつけた。

少しだけ食べていた。

私は劣等感にさいなまれた。

 

さて、こんな感じで色々なものを

与えていると、段々愛着がわき、

もっと良い物を食べさせたいと

思い始めるものだ。

そこで私はカナダ原産のちょっと

高級なメープルシロップを購入した。

与えてみるとさすが高級だけあって

ものすごい食いつきだ。

だが、これが悲劇の始まりだった。

一度富の味を覚えたアリ達は

もはや元の生活水準に戻れなくなった。

安物の蜂蜜を与えても

まるで食べなくなった。

いや、それどころか

「こんな安物が食えるか!」

と、蜂蜜にゴミを投げ込む始末だ。

こんなペットがいるだろうか?

猫だってここまで傲慢ではないぞ。

一体なぜ・・・

なぜこんなことに・・・

 

アリに贅沢をさせてはいけない。

これが今日の教訓だ。

みんなは同じ轍を踏まないようにして欲しい。

彼らが今食べている物は、

私のよりよっぽど高価なものだ。

すごくうらやましい。

 

ニチドウ アリ伝説

新品価格
¥2,140から
(2017/10/6 23:51時点)