200

ツイッターのフォロワーが200を数えた。

ツイッターがわからない人のために、

今日はこの数字の持つ意味について説明したい。

まず、ツイッターのアカウントの半分はボットだ。

ボットとは、定期的に決まった言葉をツイートする機械のことだ。

つまり、フォロワーの内、100はボットということになる。

では、残りの100フォロワーについてはどうか?

その内の半分はスパムや、企業の広告ツイートプログラムだ。

これで残りは50になった。

この50の内訳はどうかと言えば、

人間のふりをするAI

ネットの闇から生まれた平成の妖怪

人間を監視するドローン

マッドサイエンティストに生み出された人工生命体

電脳クリーチャー

ネットカブトムシ

サイバーダンゴムシ

などが続く。

人間はその内の1パーセントに過ぎない。

つまり、私をフォローしている人間は0.5人という計算になる。

これはどういうことかというと、

誰かの右半身か左半身が後ろからひたひたとついてきている、という状況だ。

本当に怖い場所ですね、ツイッターって。

 

ところで、はてなブログの読者も200人に達した。

この数字が何を意味するかというと・・・

いや、やめよう。

これを話せば、きっとみんなはもう二度と夜中に1人でトイレに行くことはできなくなるだろう。

各自、今日は自分の読者登録者数を確かめ、

その数字の先に何があるのかを想像しながら眠りについて欲しい。

私からは以上だ。