だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

引っ越し

先日、友人のN氏が引っ越しをすることになった。

そして友人から手伝ってくれと頼まれた。

N 「引っ越しを手伝って欲しい」

私 「やだ、めんどい」

N 「謝礼を支払おう」

私 「私は金につられるような安い人間ではない」

N 「おいしい焼き肉をごちそうしよう」

私 「詳しく話を聞かせてくれ」

というわけで引っ越しを手伝うことになった。

 

当日は様々な物を3階まで運ばなければならなかった。

私 「あ、タンス重い!

死んじゃう!

死んでしまいます!」

N 「じゃあ墓石はタンスにしよう」

 

私 「あ、洗濯機重い!

死んじゃう!

死んでしまいます!」

N 「洗濯機型墓石もいいなぁ」

 

そんなこんなで何とか運搬を終わらせた。

友人の部屋は随分と見晴らしの良い所だった。

N 「どうだ、いい眺めだろう?」

私 「あ、あそこに墓がある」

N 「ねぇよ・・・」

 

次は間取りを考える作業だ。

N 「ここにソファーを置こうかな」

私 「いや、タンポポを植えよう」

N 「何でだよ」

 

N 「ここには机を置こう」

私 「いや、チューリップの花を植えよう」

N 「なんでお前は俺の部屋をお花畑にしようとするの?!」

 

その後は友人の監督をしたり、

高慢な態度で指図するなどして

懸命に手助けをした。

その甲斐あって引っ越しはなんとか終えることができた。

 

さぁ、それではいよいよ焼き肉だ!

だが、あまりにヘトヘトになりすぎて、

何を食べても砂みたいな味しかしなかった。

その日は人の金で食べたのに

おいしくないはじめての焼き肉となった。