だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

ケンタッキーを利用する際の注意点


f:id:buddha01:20170616204212j:image

今日はケンタッキーに立ち寄る機会があった。

ケンタッキーを利用するに当たっては

いくつか注意点がある。

すでに行ったことがある人はご存知だと思うが、

まだ利用したことのない人もいるだろう。

今日はそれらについて解説していきたい。

 

さて、私はケンタッキーを発見し、

早速入ろうと近寄った。

すると店の前には

白髪の老人が微笑を浮かべながら立っている。

こんな朗らかなおじいさんも

呼び込みのバイトをしなければならないのか。

本当にひどい世の中になったものだ。

私は目を伏せながら店に入った。

 

それでは注文に移ろう。

私がオススメなのはフライドチキンだ。

ただしこれは裏メニューなので、

少々見つけづらいかもしれない。

だが、店員に後ろから近づき、

「フライドチキンください・・・」

とそっと耳打ちすれば、

きっと店の裏から持ってきてくれるだろう。

 

ちなみに特殊な趣味を持つ人は

骨無しチキンを注文してみよう。

「番号札をお持ちの骨無しチキンのお客様ー!」

などと店員さんから罵倒されて

きっと嬉しい気分になるはずだ。

 

さて、私はノーマルなので、

普通のチキンを購入した。

見てみると、フライドチキンは

茶色いごわごわした衣のような包装に

包まれている。

これは食べられないので、

食べる時は全部むいてからにしよう。

完全に白身のツルツルな外見になったら

食べ時だ。

 

それではさぁチキンにかじりつこう。

おっといけない、大事なことを忘れていた。

肉を食べる時はまず野菜から。

チキンを食す前に、まずは

ヘルシーなフライドポテトを食べよう。

これで栄養バランスは完璧だ。

偏りのない理想的な食事が実現する。

これだけで寿命が10年はのびるはずだ。

 

あとはもう何の障害はない。

野生の本能を解き放ち、

存分に食事を楽しんで欲しい。

ちなみに骨はリサイクルなので

帰る時は店員さんに渡すこと。

 

さて、チキンを食べた後は

ハンバーガーも食べたくなるものだ。

そんな時は店を出て、

マクドナルドというお店を探そう。

マクドナルドというのは、

ケンタッキーの近くには

必ず出店している仲良しさんだ。

いわゆる姉妹店という奴だと思う。

 

店に入ったらまずは店員さんに、

「ケンタッキー、おいしかったよ」

と声をかけよう。

するといつもよりスマイルを

はずんでくれる。

 

ちなみにここはセルフサービスなので、

厨房を貸してもらって

ささっとバーガーを作ってしまおう。

自分だけのオリジナルバーガーをクリエイトだ。

 

こんな具合に食事を楽しんでいると、

やはり先ほどケンタッキーにいた老人が

気になってくると思う。

そんな時は彼に差し入れなんかを

してみるのがいいだろう。

ここで作ったバーガーを

そっと彼の手に握らせてみて欲しい。

他者に冷たい現代社会には

きっとそんな優しさが必要なのだ。