だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

ペットボトル加湿器の素晴らしさ

先日、ペットボトル加湿器なるものを購入した。

本当にこんなものが役に立つのだろうか?

半信半疑で買ってみたのだが、使ってみるとこれが存外、便利な代物なのだ。

そこで今日は、このペットボトル加湿器の素晴らしさを皆に紹介したい。

まず、大ざっぱに仕組みを説明しよう。

このペットボトル加湿器は、超音波式と呼ばれるタイプの加湿器だ。

はじめに、電源ケーブルをコンセントに指して、本体に給電する。

そして水の入ったペットボトルに、加湿器を装着する。

すると加湿器は水を吸い上げ、超音波を使って・・・

・・・超音波?

なんで超音波なんだ?

一体超音波が何をどうするというんだ?

ここで事は文系脳である私の理解の範疇を超える。

スイッチを入れようとする手が震えて止まる。

そこにあるのは、人知を超えた存在に対する原初の恐怖だ。

なぜ超音波を使うと水が水蒸気になるのだろうか。

わからない。

しかし、ひとつだけわかることがある。

この技術は危険だ。

この技術が悪用されたら、一体どんなことになるだろうか。

私は想像してみる。

そこに広がる光景は、超音波を撃たれ、霧散していく人々の姿であった。

なにせ人体のほとんどは水なのだ。

超音波を当てられたが最後、人体はミストとなって消えていくことだろう。

そして湿度は上昇し、部屋は快適な環境に保たれるという寸法だ。

つまり、霧になりたい方、そうやって社会を加湿したい方には嬉しい一品ということだ。

おすすめ。