帰宅学各論 帰宅が人体に及ぼす影響

以前、帰宅については

ここで様々な学説を紹介した。

 

www.buddha01.ooo

 

今回は切り口を変えて、

帰宅が人体に及ぼす影響について

見ていこう。

 

まず最初に、皆さんもよく感じると思うが、

帰宅はとても強い多幸感を

もたらすということ。

これは帰宅成分が体に作用し、

快楽物質ドーパミンが分泌されるためだ。

帰宅の主要な効能と言ってもいいだろう。

 

また、帰宅には大きな疲労回復効果も

認められている。

これは帰宅に含まれるクエン酸

ストレスを和らげるためだ。

その効果はレモン4千個分に相当する。

帰宅の持つ健康効果の凄さが

うかがいしれよう。

 

あとは帰宅に含まれるビタミンCも

健康にとても有益だ。

これもやはりレモン4千個分に相当する。

帰宅をせずにビタミンCの摂取を怠ると、

壊血病に罹患し、血を吐いて死ぬことになる。

 

このように帰宅は人体維持に

大きな役割を果たしているため、

これを疎かにすれば命に関わる。

 

他にも、72時間帰宅を行わなければ、

栄養失調となり、やはり死に至る。

帰宅は水と同じぐらい

生命にとって重要なものなのだ。

 

だが、闇雲に帰宅をすれば

いいわけではない。

100メートル3秒という速度で

全力疾走して帰宅すれば、

急性帰宅症候群によって死に至るだろう。

 

それ以外にも帰宅には

強い依存性が確認されている。

1日に大量の帰宅を服用すれば、

一度の帰宅では満足できない体となる。

そして重篤な患者は

日に三度の帰宅を欲するようになり、

帰宅しても帰宅し足りなくなり、

やがては死に至る。

帰宅依存性はいまや

日本国民の死因の大きな一つとなっている。

今では三大成人病の一つだ。

 

少し怖がらせてしまっただろうか。

だが、適切に関わってさえいれば、

特段危険は無く、

健康にもとても良い。

アンチエイジングやガンの予防にも役立つ。

成人ならば帰宅は1日に1回。

用法用量を守って

正しく帰宅を行おう。