だいたい日刊 覇権村

実益のないことしか書かない

\プリキュアッ!/

今日は久しぶりに友人のH氏と会った。

とりあえずH氏の地元で合流したが、

我々はまだ昼食を食べていない。

何はともあれまずは腹ごしらえだ。

 

H 「ここには何でもあるよ。

何か食べたいものはある?」

私 「おがくず」

H 「すまんな、ちょっと準備不足だったようだ・・・」

私 「ああ、次からは気をつけてくれ」

 

私 「それはそうと、どんな店があるの?」

H 「花屋」

私 「おいしそう!」

我々は花屋に飾られる花々を

物欲しげに眺めながら、

H氏宅へ向かった。

 

ところで、今日は来る時は雨だった。

なので私は傘を差していた。

H 「もう雨は止んでいるぞ。

なんでまだ傘差しているんだ?」

私 「今は傘を差していたい気分なんだ。

放っておいてくれ」

H 「そっすか」

 

その後は適当な食べ物を調達し、

H宅へたどり着いた。

家の中を見渡すと、プリキュア

変身ステッキが鎮座している。

私 「プリキュアに・・・なりたいのか?」

H 「ああ、最近これを振り回すこと以外、

何も楽しみがなくてな・・・」

私 「何か悩みがあったら聞くぞ・・・」

 

ちなみにこのステッキ、

ボタンをポチッと押すと、

プリキュアッ!/

という音が鳴り響く。

防犯ブザーとして最適だ。

 

H 「ところで、最近北海道に行きたくてな」

私 (ポチッ)

プリキュアッ!/

H 「北海道で何をしようかと思っていて」

私 (ポチッ)

プリキュアッ!/

H 「相づち代わりにそれ押すの止めてくれない?」

私 (ポチッ)

プリキュアッ!/

 

しかし、こんなことを続けていると

人間関係に重大な問題が発生しそうだ。

私は仕方なく話を聞くことにした。

私 「で、北海道で何をしたいの?」

H 「名を残したい。

どうすればいいだろうか?」

私 「古代ギリシャに、

有名になりたかった男がいた。

その男はその方法を考えた結果、

すでに有名なものを

破壊しようと思いついたらしい。

そこでギリシャの神聖な

アルテミス神殿に火を放ち、

神殿の破壊を行ったそうだ」

H 「それで、その男はどうなった?」

私 「もちろん死刑だ。

だが、当局も男の意図を見抜いていたので、

記録抹殺刑に処した。

男の名を歴史から消すため、

文書からその名を消し、

さらに男の名を口にしただけで

死刑ということになったよ」

H 「で、そいつの名前は?」

私 「さぁ、覚えてないな・・・

何せ記憶抹殺罪だからな」

H 「俺に北海道で何をさせるつもりだ?」

 

H 「他に名を残す方法はあるだろうか?」

私 「なんだろ、ヒグマに食べられるとか」

H 「あまりにありふれている」

たしかに、北海道民の死因第1位は

クマに食べられることだと聞いたことがある。

この問題には結論は出なかった。

 

その後、話は別の話題に移った。

H 「最近家を買ったという方に

お呼ばれすることになった。

どんなお祝いの言葉を贈ったらいいだろう?」

私 「首都直下型地震って知ってる?」

H 「・・・」

私 (ポチッ)

プリキュアッ!/